『不安定な天気だったきょうの空』(170526)

 朝は雨だった。外出するときは晴れ間も見えた。

170526sora2.jpg


 どこか夏のような空。

170526sora.jpg


170526sora1.jpg


 夕方の外出は曇り空。

170526niji-sora.jpg


気功して虹が出てくる日暮れかな


 すれ違う人がいても誰もこの虹を見ない。

 夜の買い物を済ますと、急に雨が降ってきて、まだこれから外でやるべきことがあったけれど閉口である。速攻で帰宅した。


posted by superbird at 23:22Comment(0)自然

『朝の散歩』(170526)

 雨である。人がいないので楽である。

 散歩の帰り道、ふだん気にもならなくなった花だけれど、きょうはちらりと見つめていく。

170526asa-sanpo.jpg


雨が降り水も滴る姫女苑


posted by superbird at 22:56Comment(0)散歩

『生老病死の苦しみを克服する仏教』(170525)


 人がスマホを好むのは病気になるためである。
 命よりもお金儲けを優先する社会は、
 人間社会の行いは病気になるためにとなる。
 人間は病気になるためにこの社会に生まれてくる。
 釈迦牟尼仏陀の時代から仏教は輪廻の闇を打ち破り、
 生老病死の苦しみを克服することだった。


posted by superbird at 21:47Comment(0)

『生老病死の苦しみを克服する仏教』(170524)


 人が香料を好むのは病気になるためである。
 命よりもお金儲けを優先する社会は、
 人間社会の行いは病気になるためにとなる。
 人間は病気になるためにこの社会に生まれてくる。
 釈迦牟尼仏陀の時代から仏教は輪廻の闇を打ち破り、
 生老病死の苦しみを克服することだった。





注:この詩の香料とはたとえば柔軟剤などの香料である。
posted by superbird at 12:58Comment(0)