『外出』(160731)

 きのうの夕方、帰宅途中で自転車がパンクした。家に近かったので歩いてきたけど、さして負担にならずまあラッキーだった。で、きょうの昼前に食事の準備とかしながら修理した。見て驚いた。先だってパンクして修理したところだった。貼ってあったゴムの真ん中にまた穴ができていて、そこから空気が漏れていたのだ。

 今回はふつうのゴムを貼りつけるだけではなく、さらにその上から古いチューブを切って貼り付けておいた。

 昼ごはんを食べて自転車で外出。後ろのタイヤがずいぶんと安心している。今までは何かと不安が頭をよぎったのである。

 環状線沿いに咲いていたピンクのゆりの花。

160731yuri-yakiyama.jpg


 その少し先に咲く白い百日紅。

160731sarusuberi.jpg

 都会の畑の片隅で、
 忘れられたように、かろうじて
 実ったほおずきの実。

160731yakiyama-hoozuki.jpg


 都会の畑の片隅で、
 まるで生き物たちの豊かさを
 映し出すように実るいちじく。

160731yakiyama-itijiku.jpg



 公園の垣根のアベリアの、花また花の、世界には、
 蜜の香りが漂っている。

160731yakiyamaberiya.jpg


 焼山の公園の先の空。

160731yakiyamasora.jpg


posted by superbird at 18:20Comment(0)暮らし

『見た目がおいしそうだったので即買いの鰯握り寿司324円』(160729)

 相変わらず夏ばてである。朝からいろいろやって昼ごろ、もう夏ばて。外出して夏ばて。坂道を上がって夏ばて。家賃を払って少し安堵のため息。コメダの珈琲で採点して新聞を読んで、図書館へ行って日が沈んで、グラウンドが空だったので、休憩。

 ようやく人間の暮らすべき環境が広がってきたっていう感じ。

 ダイエーで鰯握り寿司を見て、即買う。六貫、小さいけれど鰯3匹だな。店内は明日はもちろんいかにもきょうも土用の丑らしい様子だけれど、鰻より鰯である。

 鰻より新鮮な鰯である。

 家に帰って疲れているので自炊を始める前に、とにかく鰯握り寿司六貫を食べる。



うなぎ)よりいわしにぎ寿司ずしろっかん

いただわすよううし



160729iwasisusi.jpg



posted by superbird at 21:14Comment(0)暮らし

『コメダ珈琲でカフェ・オ・レ』(160729)

 コメダ珈琲で試験の採点と成績をノートにつける。これでとりあえず不合格者は決まった。カフェオーレを飲む。わたしの受け持っている教科は不合格者が一番重要で、この辺り合格か否かに神経を尖らせる生徒と微妙に違う。なにを持って落ちるのか。もちろん成績が悪い生徒が落ちるのである。六割以上なければ落ちるのである。
 しかしことは単純ではなくて、各ステップ六割以上という細かい規定があるのだ。わたしは素直にそれに従う。しかし採点基準が大学の教科はよく分からないのである。高校教師時代以上に。



カフェ・オ・レ飲んで採点夏休み



160729cafeaule.jpg

posted by superbird at 20:58Comment(0)暮らし

『試験は生徒のふだんのすがたがそのまま結果に』(160727)

 教師は何気なくやっていれば正しい結果が出る。結果は語る。ふだん真摯に取り組んでいた生徒は救われ、やる気のなかった生徒は自らを貶め、投げやりな態度で去っていった。


きょういくふうゆえのこうみょう

らすせいつね


posted by superbird at 23:44Comment(0)仕事

『巷で香る悪臭は人の作った香料になった』(160727)

 さっこんの香料というのは、かいでみれば、真の天然の香りと違い、かなり臭くて耐え難いものである。
 むかしの悪臭といえば、あえて言えば鶏を飼っている農家とか、少し前では生ゴミとか。さっこんの香料が神経質で病的であるのとちがって、どこかまだ自然に近いおおらかなものであった。



あくしゅうはなこうりょうらす

いのちまずしきかいなりけり

posted by superbird at 21:32Comment(0)暮らし

『救われた気分になる』(160726)

よるになりえんめいじゅうかんのんぎょう

うたえやすらぐなつやすまえ


posted by superbird at 23:58Comment(0)仏教

『きょうは仕事が休みで助かる』(160726)

 きょうはきのうに続いて夏ばてである。雨が降ってもちょうど良い。もうすぐ夏休みである。高校時代はとっくに夏休みだったなあ、なんてまた思い出す。

 大学の仕事を始めて三年目の夏、昨年の今頃突然のように父が死んで、気がついたらもうあれから一年がすぎて夏になった。

 前期の仕事が山を越え、仕事の疲れが出たかな。


夏ばてと仕事休みで気が抜けて

雨にくつろぐ夏休み前




posted by superbird at 23:22Comment(0)暮らし

『謙虚に生きることは幸せに生きること』(160724)

 知らないということは恐ろしいことである。

 知らないがゆえに他人に迷惑をかけ、
 罪を犯すことにもなりかねない。

 だから謙虚さが大切である。

 謙虚であれば、不幸を招くリスクを
 減らすことになるからである。


posted by superbird at 22:07Comment(0)備忘録

『散歩の帰り(ミント)』(160724)

 団地の片隅に咲くミントの花。引っ越していった人が育てていたのが残っていて、大きく育っているのだ。

160724danti-mint.jpg



 さいきんは急に蚊が元気になった。ミントには虫除け効果があるという。ミントの精油を水とエタノールに混ぜて虫よけスプレーにできる。

 そうであるなら、
 ミントを栽培しているだけで蚊が減るのではないか。
posted by superbird at 21:55Comment(0)散歩

『牧野ヶ池緑地公園の珍しい植物』(160722)

160722kouen-hana2.jpg



 ここはむかし貴重な植物がたくさんあったし、たぬきやキジもいた。むやみに開発するから、いまではたぬきやキジもすっかりいなくなった。

 きょう見かけたこの花、名前は知らないけれど、見てて心やすまる花。

 自然に対しては人間が何もしないことが最大の徳であり、最善の環境保護というものである。
posted by superbird at 12:43Comment(0)自然