『朝の散歩』(160930)

 朝いつもとちがった道を行ったら赤いフェラーリが止まっていた。

160930ferari-danti.jpg


 それから林の中の獣道みたいな中を行くと、くもの巣がかかっていた。

 二度三度とくもの巣の洗礼を顔や頭に受けた。

160929kinoko-rinkan.jpg


 秋はきのこの季節である。

160930kinoko-rinkan2.jpg




160930きのこ林間.JPG
posted by superbird at 21:44Comment(0)散歩

『丸亀製麺でうどん』(160927)

 三十年近く前、台湾のごく小さな屋台でうどんを食べた。そのときまずかったので、それ以来うどんを食べることはなかった。

茄子天、かき揚げ、とろ玉うどん
160928marugameudon.jpg



久々に食べてかみしむ幸せな

身に染む旨さのうどんなりけり



160928marugame-sanukihuji.jpg
讃岐富士



posted by superbird at 18:01Comment(0)暮らし

『久しぶりに仕事で通勤の苦労に触れる』(160926)

 5限目の授業が終わって、講師室で少し休憩。誰もいない。ちょっと間食をとってバス停を目指す。余裕のあと8分。しかしもう暗くなっている。驚きである。

 名鉄駅を越え、電車を目指す企業人たちのいわば殺気を感じながら、自分は逆方向へ早足で行く。名鉄電車がもうすぐ来るのであろう。

 サラリーマンは通勤するだけで称賛に値すると思う。他人事ではない。自分もサラリーマンの一人ということができる。

 とはいえ、(帰りだけとはいえ市バスで)満員の名鉄に乗らずに帰ることのできるわたしは幸せである。



大学だいがくからえきへのみちしず

とき奴隷どれい緊迫きんぱくみち



ほし称賛しょうさんされる通勤つうきん

苦労くろうわすれバスを待つかな


posted by superbird at 20:28Comment(0)通勤

『休息』(160923)

 観世音 南無仏 与仏有因 与仏有縁
 仏法相縁 常楽我浄 朝念観世音 暮念観世音
 念念従心起 念念不離心  


むしたちのきんひびきはほとけかな

山川(さんせん)草木(そうもく)悉皆(しっかい)成仏(じょうぶつ)






(注)はじめにあるお経は、「延命十句観音経」。
(注)仏とはもちろん、死者のことではなく仏陀のことである。
posted by superbird at 20:54Comment(0)暮らし