『人は努力なしでは暮らせなくなる』(180109)

 仕事になると通勤がある。交通機関が時間に縛られているせいか、いろんなことが時間に縛られて、それがゆえに忙しい暮らしである。通勤がなくても体内時計があり、日月星辰、天の時計もあり、動物的な生以上のことをするときりきりになる暮らしである。
 

感謝かなきりきりが多い暮らしかな


posted by superbird at 22:54Comment(0)

『きょうが仕事始め』(180109)

 家を出るときょうは中学生がもう帰ってきた。試験週間なのだろうか。早いものである。一日に一つしか試験はないのだな。楽である。

 後に気づいた愛知県HPを見ると小中高はきょうが始業式である。そうだったのか。それも楽だな。うちの大学は5日(金曜日)が仕事始めである。若い者がたるんでいる。名古屋市の図書館も長らく休みだったし、この国は学ぶ姿勢に関しては新興国あるいはそれ以下である。お金の余裕があったら私設図書館を作って国や社会に貢献したいとふと思ったりもするくらいである。学ぶということはある種の快楽である。それを悟らず忘れて猫も杓子も長期の正月休みでは、国の未来は絶望である。これは言わなくていい教育者の杞憂であり愚痴でもあるのだろう。

 久しぶりの通勤の道はけっこう風が強いけれど、雨上がりなので、気持ちいいのが救いである。地下鉄も昨年末の通勤より混んでいた。(地下鉄もというのはもちろん中学生や高校生がやたら多いから混んでいるのは道路に加えてということである。)

 車内で若い女性がずう~と寝ていたけれど、若い男が横に立って、じっと女を見つめている。と、女は目を覚まし、知り合いだったらしく、ずうずうしく男は横に割り込んで座り話しかけ、目を覚ました女は風邪だったらしく、立て続けに咳をし始めた。咳をものともせず男女二人話し始めた。近くの客はみないい迷惑である。

 欲望をかなえようとすると、周りの人間に迷惑をかけるという一例である。わたしは席を立ってずう~と離れて窓際で立っていることにした。

 金山駅で下車。散策である。イチョウの木をまず見るわけ。さすがにもう落葉してふつうのイチョウの木になっていた。

180109kanayamaichou.jpg


 名鉄はまたどこか、江南のほうで人身事故があったとかで、
「またか、もしかして授業に間に合わないぞ。もしそうなると新年早々縁起が悪いな」と心配したけれど、自分の乗った電車には影響はなく、ふつうに学校に到着。ほっとした。
 以前あれは夏だ、一度止まってしまったときは、電車を降りて一時間ほど早歩きで学校まで汗水たらしてたどり着いたことがあった。

 どこかぼんやりした正月ボケみたいな頭である。ふだんより混んでいる名鉄を降り、バナナやもやしなどの買い物をして学校で授業の準備である。

180119gakkou-hirusora.jpg



観音や常と変らぬ新年の

仕事始めの有難さかな

posted by superbird at 17:31Comment(0)仕事