『今週も終わりである』(180111)

 ネットカフェで雑誌を読んできたので帰りが遅くなった。公園に寄って、それから晩ご飯の買い物である。

 地面が凍っている。寒いときほど人がいないのが幸いといえる。

 日本人はルールを守らなくなった。毎日のことである。企業で起きていること(多発して日常的な不祥事)は日々の暮らしの現場でも同じである。

 またそれと同じなのかちがうのか知らないけれど、人には迷惑をかけなくても、その点は害がないのだろうけれど、常識でははかれないような行動をする人もやたら増えた。

 末法の世では法の真理が隠れるように、いまは心身ともに健全であるということの価値を見出すこともが案外むずかしいのであろう。むしろ心身ともに健全であるということが嫌われる雰囲気になっているようでもある。



気功して夜空の星を目にすれば

時の彼方のありがたさかな


posted by superbird at 23:27Comment(0)暮らし

『出勤の空』(180111)

 ふと空を見て、いいなと思って写そうと思ったら、あっちにパトカーがいたのでひっこんで隠れて見られないように写した。

(以前一度花の写真を撮っていたらパトカーが来てお巡りさんが二人きて因縁をつけられずいぶん時間を奪われた経験があるからである)

 きょうは風が強い。

180111sukinsora.jpg


 途中の交差点で赤になったので休憩している。

180111tuukinuedaipponmatukousaten.jpg



 名鉄ホームへ降りてくると、笠寺観音の縁日のお知らせである。

180111meitetuhomekannon.jpg



観音も布教の旅の笠かぶり

金山駅に御座おわすなりけり

posted by superbird at 12:24Comment(0)通勤