『昼近くになった朝の散歩』(180116)

 散歩に出かける。きょうは11時過ぎまで寝ていた。年をとると睡眠時間が少なくてもいいというのは、間違いである。きのうネットカフェの雑誌に書いてあったけれど、嘘である。人間はたくさん寝て夢の中でいろいろ学ぶべきである。夢を見ると脳が休まるとか成長するとかいう話もあるではないか。

180116sorasanponidekakerusora.jpg


 寝転がって空を見る安らぎ。ふだん仕事のときはこうしてゆっくりしていられないなあ。

180116sorasanponosora.jpg


 散歩帰りの空。

180116sorasanpokaeri.jpg


180116sanpokaerinosora3.JPG


 こうして振り返ってみると、なんだかのんびり何もないようだけれど、これから昼ごはんを準備しながら洗濯、世の中のいろいろと交わって、買い物、都合で通る郵便局(市内でも田舎のそこは5時過ぎで閉まるのでお金は下ろせなかった)、ネットカフェへ出かけて新聞・雑誌を読み込み、夜の公園とかで休憩して、晩ご飯のことなどなど、半ば火の車みたいな日常が始まってしまうのだった。

posted by superbird at 19:31Comment(0)散歩