『体内細菌の重要さは人も昆虫も同じである』(180131)

 クロカタゾウムシの体は針を通さないほどに硬く、鳥やトカゲなどの天敵に食べられることもないほどである。理由は、産業技術総合研究所によれば、体内に共生する細菌(ナルドネラ菌)の働きのためである。

 クロカタゾウムシの幼虫に抗生物質を与えてナルドネラ菌を減らすと、羽化した成虫は外骨格が柔らかくなってしまう。こうなると生存競争にも明らかに不利である。

 
 むやみと細菌類を毛嫌いし、むやみ医者を始め抗生物質を使い、庶民でさえさっこん洗剤などでも抗菌剤をうたった製品(P&Gなどの)を飛びつくように使い、ますます自然環境を破壊する薬漬けの暮らしを続ける人間たち。



ゾウムシは体内細菌と共生し

錐も通さぬ体なりけり



クロカタゾウムシ産業技術総合研photo1.jpg


『金儲け主義の企業の新製品はまず手を出さないことが平和というものである』(180131)



抗菌剤無差別テロが蔓延し



 さっこん抗菌剤を使った製品が満ち溢れている。やたら台所の、洗濯の、あちこちで抗菌剤入りの製品がある。しかもこれは使ったらなかなか取れないで残っているのである。わたしもうっかりP&Gの洗剤を買ってしまって使ったら辟易であった。いまだにそのときのにおいが下着とかに残っている。

 先日のホテルでもシーツに抗菌剤のにおいが残っていて、眠れなかった。今までシーツは無臭の洗濯したてという肌触りだったものが、まったくちがっていた。抗菌剤らしきにおいの強い部分に触れている皮膚が明らかにういてしまうような緊張と無気力の同居する異常事態を経験することになった。

 ホテルのフロントで聞くと、
「長期のお客さんが使ったあとの部屋は殺菌をしている」ということだった。
 
 消費者は健康的に生きるためには金儲け主義の大企業にだまされないようにしなけばならない。人間はいかにして生きているかを庶民は知るべきである。さっこん腸内細菌という言葉がはやりだけれど、人間は皮膚にも無数の細菌がいて、人という生物の細胞とともに生きている。もちろん彼らはわたしたちの健康に役立っているのだ。わたしたちが健康のためにと何億年もかけて培ってきたものたちといってもいいだろうし、人間という生き物が文化を持ち、食生活を確立してきた年月だけを見ても、健康的な食生活は彼ら細菌類を尊重するものであったと、わたしは思う。

 抗生物質を飲んだら病的な下痢は治るかもしれないけれど、健康的な体を取り戻すには再び健康的な腸内細菌を取り戻さなくてはならない。それと同じことが、皮膚、そして皮膚の外側でも生きている細菌類でも言えることは想像に難くない。

 抗菌剤入りの洗剤を使うことは本来の健康を放棄し慢性病を受け入れることである。抗菌剤の洗剤を毎日台所で使うことは健康を放棄し化学物質過敏症を受け入れることである。日々の暮らしで抗菌剤を使う社会は健康的な暮らしを放棄し、住民をアレルギー患者にすることである。アレルギー体質はいうまでもなくガン体質である。化学物質過敏症患者の原因物質の多くが柔軟剤の香料であるという事実からすれば、柔軟剤の香料も同じである。

 炭鉱のカナリアは毒ガス早期発見のための警報である。化学物質過敏症の患者が増えているこの社会はカナリヤの鳴き声を聞くべきである。カナリヤが鳴き止んで枝から落ちるときは、もうその他のすべての人間も同じと思ったほうがいい。

posted by superbird at 18:04Comment(0)暮らし

『鳥の種類も変わる』(180131)

 散歩帰り、ヒヨドリらしいのが地上から鳴きながら飛び上がってきた。

180131hiyodorisanpokaeri1.jpg


 ヒヨドリはこの頃珍しくなったので、少し見ていく。

180131hiyodorisanpokaeri2.jpg


 この頃よく見るようになった鳥。名前は忘れた。昨年初めて見た鳥である。

180131sanpokaeritori0.jpg


180131sanpokaeritori01.jpg


180131sanpokaeritori.jpg


posted by superbird at 17:58Comment(0)散歩

『きょうは雪である』(180130)

 きょうは旅の最終日で、どこへ行くか迷った。いつもそうだ。乙女峠へ行こうと思ったけれど、雪が積もっているので、はたして箱根の山を越えてバスは走っているのかな、などと心配し、須走浅間神社の向こうの富士山の参道のほうを歩こうかなと思った。

 結局乙女峠へ行くことにした。御殿場口へのバスは出ていないけれど、箱根のほうへ行くバスはしっかり出ていたのだ。

 えらい雪が降ってきた。それでも小田急の高速バスは平気でぐんぐん登っていってしまった。たいしたものである。

 乙女峠で降りる人なんて一人もいなかった。乗客はわたしを含めて三人だけだった。わたしは一人、ぽつねん雪の乙女峠に残された。予定通り山を少し登って、体操などをする。
 
 体操などをする前に、鐘があるので一つ突いた。それからお祈りをして体操開始。ホテル暮らしは運動不足なので、ラジオ体操をまずした。このごろよくやる。

 後で見たら一つは無病息災、二つ突くと恋愛成就、などと三つまで効験が書いてあったけれど、わたしのお祈りは無病息災も含んでいるので一つでよかった。雪がすごい。下の茶店の若い男の人が雪かきをしているけれど、まるで意味がなくて、すぐ真っ白になってしまう。



修行かな乙女峠で鐘一つ

気功で過ごす雪の中かな



 

続きを読む

posted by superbird at 00:18Comment(0)

『今回の旅は絵を二枚は描くな』(180129)

 きのうの夜描きはじめた御殿場口からの富士山。きょう描いた御殿場のインター近くのホテルからの富士山。二枚描いたのは、もちろん富士山がきょうきれいに見えたことが大きいけれど、紙を買いにダイソーに行ったらアクリル向けのCANVAS BOARD、F4サイズを売っていたのが大きい。喜んで買ってきた。

 発色もいい。今年の富士山は雪が少ないけれど、雪をたくさん描いた。



富士山の絵を描き二枚見くらべて

楽しむ旅の夜のひと時



 御殿場口からの富士山。今年はこれほど雪はない。

180129gotennbagutikarahujisan1.jpg


 ホテルからの富士山。こちらもこんなに雪はないけれど。まだ夜明け前。

180129gotennbahoterukarahujisan1.jpg


posted by superbird at 00:01Comment(0)