『遠くのネットカフェへ行く』(180731)

 チケットがあるので、大曽根のネットカフェへ行く。

180731sora1.jpg


180731sora.jpg


 大曽根までやってきた。交通の要衝みたいなところだ。

 ためしにやってきたDINOSCAFEはネットカフェの中でも空気が悪かった。

180731dinoskafe.jpg


posted by superbird at 18:46Comment(0)暮らし

『偉い先生方との食事のあとはなぜか一人世間を歩いていても楽なのは不思議』(180730)

 きょうは旧知の先生方と金山で食事である。

180730gaishutusora1.jpg


 夏休みになったばかりで多少まだしんどいけれど、高校の先生方やリタイヤされた先生は暇である。


180730gaishutusora2.jpg



 はじめまだわたしを含め二人しか来ていなかったときは、電子機器の部品の話だった。リタイヤした先生が来てからはなぜか経済の話が多かった。

 950円のランチ。カレイの煮物と海老の天ぷら。カレイの煮物は写真とはまったく違っていた。

180730kanayamakamon950en.jpg



 たくさん話した。魚が貧しくなったという話も出た。

 鰻は絶滅危惧だし、さんまも小さくて貧相、鯖もノルウェー産は油がのって旨いけれど、国産はまずくてダメだ。
 T先生は、
「みんな養殖になっちゃうよ」ということであった。

 わたしは、
「日本でおいしい魚が食べられなくなったらどうなるんですか」と嘆いた。

 その後元教頭先生とコーヒーを飲みにコメダに行ったら、満席で空かないので、デニーズへ戻って、コーヒーとか飲んだ。こんないいところが金山にあったのかと思った。学生さんが勉強していた。今週は期末試験である。まあすいていた。


積年の苦労の横にたま

知恵と余裕の優雅さがあり


posted by superbird at 00:01Comment(0)暮らし

『夜の散歩』(180729深夜)

 寝る前に公園で少し体を鍛えた。唾液がたくさん出る。

 トイレの灯りを見に行った。いつものヤモリ、隣の灯りにはセミが来ていた。



ごみを出し散歩の月は満月で

夏を忘れる涼しさがあり



posted by superbird at 01:50Comment(0)散歩

『散歩帰りの空』(180729)

 きょうは日曜である。意外に人がいなかった。

 台風は東から西へ向かったらしいけれど、台風一過の空。

180729sorasanpokaeri.jpg



posted by superbird at 23:00Comment(0)散歩

『きょうも外食だな』(180728)

 きょうは音楽が鳴ってうるさかったので、小さいのだけれど繰り返し聞こえて耳についてしまったので、起きて散歩に行く。

 こういうことは夏休みには良くあるな。良くないことだな。

 台風が来るそうだ。

180728sanposora.jpg


 散歩から帰るときょうも自炊が嫌なので、ザめしやへ行く。散歩の時間は短かったな。仕方ないことである。

 ずう~っと走っていく。きのうと違ってゆっくりである。足に力が入らない。土曜日だし仕事の疲れがまだ残っている。

 ずう~っと走っていく。リンゴの実がなっている。驚きである。ここがどこかは内緒にしたほうがいい。きっと誰かが採っていってしまうから。

 名古屋にリンゴが実るのだ。地球温暖化というのはある意味嘘といえる。あるいは名古屋はその蚊帳の外か?それともこれはリンゴではないのか?

 王林みたいに見えるけれどな?

180728ringohakken.jpg


 
 ずう~っと走っていく。ザめしやでブランチだ。

 きのう食べておいしかったイワシの天ぷら二匹。もちろんカボチャとワカメの赤だしもつけた。

 季節の野菜の高野煮というのもまた旨かった。冬瓜が涼しげに旨く、茄子も涼しげに旨かった。オクラも入っていた。195円はいいと思う。

180728mesiya.jpg



小ご飯南瓜と若布の赤だしに

鰯天ぷら野菜の高野煮




注:きょうは合計585円だった。優待券(500円)がなくてもブランチに来てもいいかなと思う。
posted by superbird at 02:26Comment(0)暮らし

『自炊が嫌なのでめしやで外食』(180727)

 きょうは昼前に散歩に出た。

 ミノムシの大きいのがコンクリートの柱にひっついていた。

180727minomusi-dai.jpg


 さらに近くの策の上のところに小さなミノムシがはっていた。

180727minomusi2.jpg


 どんどん歩いていく。

180727minomusi3.jpg


 ミノムシが多いときは多いのだ。(いまここでは二匹だけれどあちこちにいる可能性が高い)


 散歩から帰ると、風呂に入って、ザめしやに食べに行く。もう自炊は嫌になった。

 途中、シジミ蝶が交尾の最中だった。

 オスかメスかどちらかが大きい。ふつうはメスが大きいのだ。一般的にこれほど大きさ的に個体差があるのは珍しいようだ。

180727sijimichou.jpg


 虫たちにゆっくり興味を抱いている暇はないのでまっすぐ走っていく。

 鰻まぶしご飯(ミニ)を選んだ。うなぎというフレーズに半分負けてしまった。イワシの天ぷらの方が旨かった。合計619円であった。

 一番旨かったのはカボチャとわかめの赤だしの味噌汁で108円だった。


180727mesiya.jpg


鰻より鰯の天ぷら舌鼓



 ちょうど出口にあった鰻まぶしなんやらの宣伝。こんなものかなと。

180727mesiyaunagi.jpg


 何も考えず店を出る。何かだるい。

 食事をしたらなんか疲れた。店に入る前はふつうだったのに。

 いつのまにか考えている。レジや料理のお金の計算をしてくれる人を含め、きょうは年寄りがものすごく多かったな。お客さんもいつまでもいて、わたしが食事をし終わっても、帰るときもまだたくさん、むしろ増えたくらいだった。未来の日本の姿である。

 バスと同じで年寄りの多い空間はとにかく疲れる。外へ出たら急に元気になった。将来どうしようかとまた思う。

posted by superbird at 18:46Comment(0)暮らし

『夜の散歩』(180727深夜)

 晩ご飯を食べて、散歩に行く。

 足がだるいので休憩して、それからいつものようにトイレの灯りを見に行く。

 いつもいるヤモリがきょうもいた。

180727sinyayamorii.jpg


 隣の灯りでは珍しいお客さん、カマキリがいた。

180727sinyakamakiri.jpg


 みんなこうして食事にありつこうとしている。

 飛んで火に入る夏の虫の世界は人間社会の縮図でもある。


大きくて怖いものほど目立つかな


posted by superbird at 18:00Comment(0)散歩

『ほっとして夜が更けるともう何月何日何曜日はいらなくていい』(180726)

 今晩は酷暑もひと段落かな。明日が何曜日か分からなくなると、一瞬不安がよぎった。でも大丈夫だ。明日から自分は夏休みだ。こうして何度も確認しながら、人間は肩の荷を降ろし愁眉を開いていくのだ。



涼しげに前期が終った夜の風

明日の曜日が分からなくなり





注:きょうの最高最低は、35.0度と 26.7度だった。
posted by superbird at 00:23Comment(0)仕事

『疲れていると案外平和である』(180726)

 いつもどおり学校帰り、バス停に到着。

 空を見ると、たくさんの鳥が空を舞っている。

180726gakkoukaeribasuteitorinosora.jpg



 鳥たちの去ったあとの空。

180726gakkoukaeribasuteisora.jpg


 疲れているので何も言うことがない。



一斉に飛び立つ鳥が空を舞い

あとは何の変哲もなく


posted by superbird at 00:02Comment(0)通勤

『きょうで前期の授業は終わる』(180726)

 うちの学校は人間教育というものがない。専門などの教科を教えてそれでおしまいで、教育を標榜するうちの大学だけれど、実際身近な先生から聞けば、教育よりも研究中心と思っている。

 むかし、「中京大の学生を見たら逃げろ」という標語みたいのがあったけれど、昨今中京大学の学生を見たら逃げろということは聞かなくなった。いい先生が集まっているとか、給料が(うちなんかより)いいとか、学生の質が高くなったことが大きいだろうけれど、人間教育のない大学はこれからダメになるだろう。

 またきょうでわたしの前期の授業は終わるけれど、最後に気づいたのは、年がら年中じゃないけれど、ずう~っとマスクをしている生徒は、たいがい柔軟剤の香料や、抗菌剤のにおいをぷんぷんさせている生徒だ。

 自分の生徒にはいろいろ言ってきて、なぜか最後の授業ではそれらがなくなったけれど、このところの猛暑酷暑でキャンパスではまたマスクをする生徒が増えた。やたら体臭が気になるようになったせいであろうけれど。

 体臭が気になるからといって安直に化学の知識がないことから柔軟剤の香料や、抗菌剤を使うのだ。ということで化学の知識がなくて健康に配慮する余裕のない人間は不幸である。

 自分の生徒(一人)を含め、柔軟剤の香料や、抗菌剤のにおいをぷんぷんさせている生徒が出てきて、そういう生徒はおおよそみんな体調が悪い。

 人間教育の欠如とマスクをしている生徒が多いということは相関関係があるかもしれないなということだな。




posted by superbird at 14:48Comment(0)学校

『帰宅』(180725水曜日)



えれえよなこの酷暑じゃな仕事じゃな





注:あとで調べた。きょうの最高最低気温は、36.5度、27.6度。
posted by superbird at 00:00Comment(0)仕事

『通勤も酷暑のせいかサバイバルでそれを乗り越えれば極楽である』(180725)

 きょうはこういう空。

180725shukkinsora.jpg


 緊張で気づかないけれど、自転車で地下鉄駅まで来ると、相当に疲れているのだと思う。とにかく水で顔を洗って体温を下げて、気持ちを落ち着けて、それからおもむろにホームまで歩いていく。通勤でまずは地下鉄まで来るのが一山。

 悪人は神様の前に来ると、悪人であることを暴露する。そこでは悪人でいることが苦痛であるのでなにかしでかす。神様は人には見えなくても、そこにいれば悪人が悪人であることを暴露させる。そうした兆候のようなものを表すのだ。悪人は見えない神様がそこにいても気づかずに善なる神様を冒涜するようなことをしてしまうのだ。

 車内はクーラーが効いている。クーラーがよく効いている。昨年までとは違う。28度問題のせいである。

 きょうはきれいな女性が一人、姿勢よく車内の座席で読書をしていた。年寄りたちはそっちのほうを見ている。

 わたしは誰にもじろじろ見られなかった。こういうことはめずらしい。楽だ。

 いつものように乗り換えて金山駅に到着、お金が不足なので、ATMでお金をおろした。ところが郵貯のATMの画面を見ると、一番上の列にある、「引き出し(下しかな?)」がなかったので、別のATMが空くのを待っておろした。こういうことはいままでなった。

 また顔を洗ってうがいをして、名鉄に乗った。


名鉄で涼んで水を飲む極楽

 

posted by superbird at 15:53Comment(0)通勤

『きょうは休みなので助かった』(180724)

 きょうはましな空。

180724gaishutusora.jpg


 トイレの壁に付いていたセミの抜け殻。

180724nukegaratoirenokabe.jpg


 公園のグラウンドは酷暑のため人がいない。熱中症になること請け合いということであろう。横の日陰でラジオ体操をした。

 場所を変えて一寸の読書(日本霊異記)。一寸のジョギング。

 インターバル一回目、セミの抜け殻が大量に付いている木に出会う。

180724seminonukegarakouen.jpg


 こういう日は無理は禁物である。夏休み前の長い仕事の疲れが積もっている。クーラーの効いたところへ行く。人のいない場所を探す。


 ネットカフェのあと。

 晩ご飯の買い物へ行く前に公園で休憩した。年寄りは犬の散歩で近くにきたけれど、犬も人も何も干渉しなかった。若い奴らとはまったく違う。若者はとかく何事も分かっているような口の利き方をし、行動をし、身勝手なことをするけれど、年をとるほどそうしたことが悪いカルマの蓄積となって苦労するようになる。亀の甲より年の功ということわざも知らないよりは知っておいたほうがいいのだぞと忠告したい。教育が間違っているともいえる。

 若者よ外の世界に出かけていって我を忘れるより自分に向き合え。自分を見失って本当にやるべきことが実現できるのか?

 そのまま休憩。わたしも年をとった。


公園で酷暑疲れの腰痛を

いやして思う月の静寂


180723kaeri-tuki.jpg




注:きょうの最高気温は38.6度だ。
posted by superbird at 01:06Comment(0)暮らし

『日本はどんどん暑くなるようだ』(180723)

 急も仕事で出かけていく。昼前の出勤で、いつもより三時間近く遅れたけれど、その分暑いといえる。月曜なのでいくらか疲れは取れている。しかし慎重に出かけていく。


 いかにも、こういう空が暑い空である。

180723shukinsora1.jpg


 小学校では数人、遊んでいるのか運動しているのか、駆ける姿が見えた。

180723shukinsora2.jpg


 学校ではいろいろと問題があることがよく分かった。まだ定年を前に辞職してしまう人もいるし、やるべきことをやっていないことが目立ってしまった先生もいたし、どちらにしてもなんだか下っ端の素直な屁理屈が嫌いな人間からすると不可解で理解できないようなことが垣間見えた、それが日本社会というものだろうか。大学もまるで企業と同じである。

 いっぽうで優しい先生もいて、心あたたまる部分もあった。庶民が生きる支えだろうか。

 帰り道。月を見る。

180723kaeri-tuki.jpg


 きょうの(名古屋の)最高気温は何度かな。埼玉では41度を超えたというけれど。

 きょうはずうっと風が強い。


仕事終え風に吹かれて月が見え

酷暑疲れの体が歩く



注:気象庁のHPでは名古屋の最高気温は39.6度。気温分布を見ると、高値停滞である。日本の最高は熊谷41.1度だ。
posted by superbird at 00:43Comment(0)学校

『夜の散歩』(180722深夜)

 晩ご飯を食べて散歩に出かける。公園で休憩して、いつものようにトイレの灯りに立ち寄る。

180722innyakanabun.jpg



お尻ばかりが目立つ黄金虫


posted by superbird at 23:00Comment(0)散歩

『ただ気温が気になった』(180722)

 散歩に行って帰ってくる。

180722hirusanposora.jpg


 きょうの名古屋は今年の最高気温を更新し、39.5℃、暑いと思った。最高ランキングを見ると、八幡(岐阜)が39.8 ℃、名古屋は二番だった。東京は35.6℃か、名古屋は本当はもっと暑いかもしれないのだ。

 だんだん体が慣れてきているのと休みなので何とかもっているな。食欲は多少落ちているな。書くことはないな。

 買い物へ行く空。

180722gaishutusora1.jpg


180722gaishutusora.jpg





注:「名古屋は本当はもっと暑いかもしれないのだ」というのは、気象庁が気温を測るところが涼しいので「一般人の住んでいる名古屋の気温感覚とはかなりずれる」ということを意味している。
posted by superbird at 16:22Comment(0)暮らし