『展覧会を見て月を見て日経新聞を読んで日が暮れて』(180817)

 きょうは涼しいので、先だって出してきたF0の小さな絵の展覧会を見に行ってきた。ほとんど藤が丘より向こうなので、途中の公園で休憩した。

180817nakadankouennoki.jpg


 きょうは烏はいなかった。高速道路の音がいつもより大きく聞こえた。

 公園には木がいろいろある。
 ベンチの正面にクスノキがある。

 一瞬高速道路の騒音を忘れさせてくれる。

 ベンチから立って、水飲み場まで歩いて行き、顔や手を洗って再出発。
 再び自転車で行く。

180817tenrankai.jpg


 小さな画廊といえる。

180817tenrankainoe.jpg


 わたしの絵もあった。

180817tenrankainoe3.jpg


 ひととおりながめた。ずいぶん高価な値段で売っている絵もあった。自分の作品に値をつけ売ることもできるのだ。わたしはやっていないけれど、まあ売ってもいいかなという気もある。

 お年を召した方の作品がけっこう多い。風景画が意外に少なかった。どこか奇をてらったような作品が多い。

180817tenrankainoe2.jpg



 帰ろうとしたら、時計を落としたことに気づいた。
「さっきの公園だ!」と思い、久々に藤が丘見て行こうと、そっちへ回っていく予定を変更。

 再びさっきの公園まで行って時計を拾い、また休憩し、持ってきた鴨長明の『発心集(抄)』というのを少々読んだ。いまは物理や化学以外のいろいろに興味があるけれど、この本は買ってよかった。

 時間がないので、すぐにまた次の目的地、ネットカフェへ向かった。

 いつのまにかまた月が見えるようになった。

180817tukigadeteiru.jpg



喧騒の人の世界に月があり



 いつも読む日経だけれど、体を楽にして、紙面に隠れるようにして、誰にも見られないように、一人気持よく読む。

 なんだか自分はいろいろなことに疲れているなと思った。


日経を寛ぎ読めば不条理な

この世も少しは楽になるかな


posted by superbird at 01:05Comment(0)趣味

『散歩帰りのつれづれ』(180817)

 散歩に出るとき、窓から御嶽山が見えた。空はきれいに晴れ渡り、秋を思わすすがすがしさ、その空の向こうのほうに、雲をたずさえた御嶽山があった。

180817onntakesanpo.jpg



 散歩途中で休憩し、気功をして帰る。


 歯の治療のこと、生死のこと、先祖のこと、家族のこと、この世とあの世のこと、平安時代の人の往生のこと、現代人の欲まみれの往生のこと、いろいろなことをつらつらと考えながら、それででもまあ平和のうちに帰ってきた。


気功して思い巡らす帰り道

つくつく法師ほうしの鳴く声があり






posted by superbird at 15:21Comment(0)散歩

『きょう新聞を見て思ったこと』(180816)

 きのうは終戦記念日で、村山元首相はインタビューで、
「戦争は狂った人間がすること。国全体が狂う」(中日新聞)と述べていた。

 ふと経済を見渡すと、世界中が何らかの戦争をし、それによって、
「国全体が狂っている」といえなくもない現実を思った。

 同時に、村山元首相の戦争体験を読むと、時代とともに、甘くなっているのだな、経済戦争の被害は人と人が殺しあう悲劇と比べると、甘いものになっているのだなという印象を受けた。

 銃や焼夷弾、原爆の被害にあった人たちの悲劇は口では表現できないものだし、村山元首相の若き日のまさに生死の境を生きてきたインタビューを読めば、いまのわたしたちや若者の経済戦争の結果の鬱々とした苦悩は、どうしても甘いなという印象になってしまう。

 しかしこうも言える、戦争には急性のものと慢性のものがあり、前者はまさに戦争、後者は経済戦争によく当てはまる。

 ただ見えて来たことは、どちらも国や官僚が引き起こしたものであることは時代が違っても同じということだった



posted by superbird at 02:13Comment(0)備忘録

『隣近所の迷惑を考えずクリーニング屋さんみたいなことをする人がいる』(180815)

 衣料用洗剤のにおいは毒であり、長くかいでいると体調不良を起こす。食器洗いの洗剤も長くかいでいれば同じだと思う。食器洗いで素手が荒れるのを観察すれば少しは分かってもらえるだろう。衣料用の洗剤に抗菌剤が入っていてもいなくても、気化してきた洗剤という薬をかぎ続けて体内に取り込めば体調不良になるのは当然である。

 洗剤の抗菌剤が悪いのは言うまでもないし、柔軟剤の香料が毒なのは、すでに世間で「香害は立派な公害です」という風潮になってきているのでここでは言わないけれど、洗剤そのものでさえ立派な危険性をはらんだ化学物質であるということを言っておきたい。短い時間かいでもさして被害はないだろうけれど、何時間もさらされていれば確実に体調不良を起こすだろう。


 隣近所の迷惑を考えずクリーニング屋さんみたいなことをする人がいたり、集合住宅の種類によってはたくさんの部屋の臭気がある部屋に集まることで被害を受ける人もいるし、コインランドリーのそばで暮らす人もたくさんいることを思えば、社会は化学物質の危険にもっと敏感になるべきである。



人間や忘れて人の迷惑を

暮らす未来の破滅も知らず




 クサギは一度花が終って再び花の季節になった。

180815kusagihana.jpg




posted by superbird at 18:03Comment(0)科学

『暑い時は重要な決断をしないほうがいい』(180815)

 暑すぎるととかく人は、我を忘れて、
 心に浮かんだ自分じゃない思いのままに行動してしまう。

 暑すぎると人は
 この暑さの中の面倒臭さを切り離そうと、
 短絡的に行動してしまう。

 暑すぎて面倒くさくなって
 考える知性が隠されてしまう。

暑さかな心に出でしとらわれて

無謀なことをする人がおり




posted by superbird at 17:38Comment(0)備忘録

『まずは散歩で』(180814)

 お盆休みである。暑いせいで人がいない。帰省の人も散歩には出てこないのだ。

 一人の散歩は気持よいといえる。

180814sanpokyuukei0.jpg


 明るい空である。

180814sanpokyuukei1.jpg


 数日前からエレベーターホールにいる蛾と思われる生き物。
 昼も夜も移動せずにいる。

 夜だけ出てくるカマキリとは違う。

180814yorunokamakiri.jpg


 蛾は擬態となってじっとしている。

 壁に止まって微動だにせず、
 世の中がどうなろうとじっと耐えている。

180814sanpokaerielehallnoga.jpg


 きょうも買い物とあとは自由な一日である。

180814gaishutusora.jpg



 きのうの晩、病み上がり後はじめて肉を食べた。
 ようやくふつうになってきた。


林檎一個地鶏のカツにラーメン

食べたい物を食べた病み上がり



 きょうはニシンの塩焼き丸々一匹。それにラーメン、あとは煮豆といったところかな。
 人間は栄養もちゃんととらないと病気も治らない気がする。



注:歌はきのう十三日に作った。
posted by superbird at 01:53Comment(0)暮らし

『宇宙からやってきたの最新鋭の雷(これは詩です)』(180812昼)

 宇宙からやってきたの最新鋭の雷
 


 雷が狂ったようにビガビガンと落ちてきた。
 雷が悲鳴のようにヒューンと横に突っ切っていった。 
 部屋の中で肩をすくめる。

 こんな雷もあるのだ。

 窓際から見れば、
 いまや世界は雷雲にすっぽり包まれている。

 さぞかし腹の立った雷たちのお出ましだ。
 宇宙からやって来た最新鋭の雷たちだ。
 狂ったようにビガビガン!
 悲鳴のようにヒューン!

 土砂降りの雨を道路を叩きつけている。
 雨はアスファルトにぶつかって激しく跳ね返っている。

 宇宙からやって来た最新鋭の
 腹の立った雷たちも、ひとまず
 怒りの矛先を納めるときがやってくる。


posted by superbird at 23:00Comment(0)

『昼近くの散歩』(180811)

 きょうも暑いのだろう。

180811sanposora.jpg


 いつも休憩するところは人が来ない。
 人が来ないのには理由がある。
 風が通らず蒸し暑い。
 いつものように休憩した。

 もう遠慮せず、半分裸である。
 半分裸になると過ごしやすくなる。

 室内とはちょっと違う。

 いつも長袖長ズボンで来る。
 半分肌を出すようにする。
 
 蒸し暑さの中で休憩して帰る。

 クーラーの中で休んでいるよりは健康的だと思う。
 

180811sanpokyuukeisora.jpg


 帰り道、赤とんぼがいた。

 近づいてもにげないでいる。
 よく見ると怖いのがトンボの顔である。

180811sanpokaeritonbo.jpg



ただ生きて異常酷暑の蝉の声

蜻蛉の色もただ秋となり



posted by superbird at 01:01Comment(0)散歩

『少し元気になった散歩』(180810)

 朝の散歩。きょうは曇っていた。

 あいかわらず暑いのであろう、外は人がいない。車が通るだけだな。

 ちょっと気になる何かのつる。

180810sanpomiti.jpg


 曇っていた空は帰りには晴れてきたな。

180810sanpokaerisora.jpg


 感想をいえば、きのうはじめて聞いたツクツクホウシがきょうも鳴いていたこと。もう秋である。たしかに日が沈むと秋風が立つ。


病み上りつくつく法師ほうしの鳴く散歩




posted by superbird at 22:05Comment(0)散歩

『また食べることができることのうれしさ』(180808夜)

 7日昼に歯の治療が終った。その後真昼の暑い中家まで戻る途中、地下鉄を降りたとこにあった本山のB&Dで処方された薬を買い、さらに自転車で坂道を上り、家に帰むかった。

 その間、地下鉄に乗っていても口の中から血があふれ、止まる駅で二回外に出てホームに血を吐いてまたすぐ乗るということを繰り返した。特に自転車で炎天下走っていくときには、口から血や血餅を吐きながら、家を目指した。

 けっきょく約18時間、歯茎を切開したところからの出血が止まらなかった。

 家で静かに寝ていたけれど、出血多量で心臓の鼓動が早まり不整脈になり、鼓動で体がゆすれるようになった。止血していても血が止まらず。もうだめかなとも思いつつ祈って止血していた。ガーゼで抑えて止まらなかったのが不幸だった。指でほおから押さえてほぼ止まる時間もあったけれど、押さえ具合が悪いとすごい勢いで血が噴き出してくるのだ。

 きょう8日朝の7時前くらい、もう一度ガーゼで傷口を押さえ込んでみたら、九死に一生、血が止まった。

 じゃっかん眠った。目が覚めて何か飲もうベッドから立ったら体に力が入らず台所に向かうけれどあちらこちらに倒れながら、ビンや空のパックなどを倒した。まだ寝ているときに「パウダードグルコースがあればな」と思った、それがないので、ありあわせのもの(塩分無添加の野菜ジュース、ミネラルウォーターなど)に塩分と糖分を加えて必死に飲み物を作り、がばがば3、4杯飲んで、またベッドに横になっていた。


 しばらく寝ていた。絶対安静で暑くても寝ている。幸いこの日は台風の影響もあって気温がじゃっかん下がった。

 夜日が沈んでから、近所のスーパーまで晩ご飯の食材を買いに行った。



蒲焼を食えると思えば涙かな




注:歯医者さんは患者さんのために治療をしてくださっている。一つも悪気はないのだ。生身の人間を見ていれば千に一つくらい何かしら予測できない事があっても不思議じゃない。医療事故はあってはいけないけれど、誰も恨んだりはしてはいけない。もしわたしに子供や親しい友がそばにいて腹を立てたら、そう言うべきだ。ましてわたしの場合は死なずにすんだのだから。

 多くの患者さんのためにいい治療をしている歯医者さんなんだから、
「よき治療を」と感謝してほしい。



posted by superbird at 00:00Comment(0)暮らし

『きょうも暑い』(180806)

 きょうも暑い。気象庁のHPでは最高最低は、39.4度と28.8度。

 この最低気温はきのうもだし、最高40.3度をたたき出した3日の最低気温27.8度より高いぞ。



posted by superbird at 00:57Comment(0)暮らし

『富士山の絵を持って行って額を買った』(180805)

 きょうも暑そうな空である。

180805soragasihutu.jpg


 水浴びして外出した。

180805sora2.jpg



 実はきのうが展覧会の絵の持ち込み期限だった。電話したらきょうでも言いといわれたので、暑い中覚悟を決めて藤が丘の島本画材まで行ってきた。

 途中以前見たリンゴの木を思い出し、
「まだあるかな」と見ていく。

180805ringo.jpg


 まだ二つしっかり実っていた。大きくなっていなかった。小さな品種のようである。

 ひたすら日影を選ぶようにして走っていった。若い人の中にはすごい勢いで走っていく人もいた。わたしも仕事の時は幾分あれに近いけれど、この暑さではどうかなと思う。

 途中一回だけ公園で休憩して水を飲んだ。カラスが一羽出口の公園の名前の書いてある石の板の上で彫像のようになっていた。


公園の動かぬ烏は暑すぎて

彫像のようになっているかな



 絵は自前の額に入れて持って行ったけれど、いったん出して店内を見ていると、3400円余りでマット付きの額が売っていた。

 迷ったけれど、買って持ち込んだ絵を入れてもらい、提出することにした。店の人は喜んだかもしれない。しかしお買い得のような値段ではあった。

 マットの色がいままでにない色である。いままでこういう趣味の色は使ったことがない。


180805gakuniireru.jpg



 持ってきた額は別の絵(家にあるはずのセミの絵)を入れることにした。また持ち帰る。

 自転車の前に来て、重さがふと気になった。

 帰りは来た時と同じ公園で休憩した。もう来たときのカラスはいなかった。

 本当に休憩である。顔を洗い手や腕を水で流し、ベンチで横になった。しばらく横になる。

 人が一人も来なかった。結構よかった。

 しかしそこからもう夕方なのにきつかった。直射日光(西日)が頭に横から当たると、頭が「カンカン」してきた。

 きょうの最高気温はまた39.9度だという。(日本気象協会tenk jp)
「全国253地点で35℃以上の猛暑日記録した」というけれど、最高は名古屋だった。
「週明けも危険な暑さ続く」という。

 あまり遠くまで自転車で行くとよくない。

posted by superbird at 19:09Comment(0)趣味