『月が見えればゆっくり帰るに限る』(180825)

 散歩に出る時は、どちらかといえば曇りがちで、蒸し暑かった。

180825hirumaenosanpo.jpg


 暑さが増していく散歩。

 昼ご飯を食べて、仏像を金色に塗り、外出。
 仏像の金色はまだ一二回塗り重ねないとだめかもしれない。

 何となく夏の空である。

180825gaishutuatusounasora.jpg


 いつもどおりの日常が過ぎ、公園で休憩して帰る。

 きょうは満月だろうか。

180825kikougotuki.jpg



十五夜を眺めて帰る静かかな




注:きょうは望月で十五夜だそうである。
posted by superbird at 00:58Comment(0)暮らし