『台風が近づいたせいかセミが急に元気になること』(190815)

 大型台風10号が四国の方から本州を縦断するとかいってニュースではさかんに報道している。新幹線も東京大阪で55本(約50%)の運行、山陽新幹線は運休?

 名古屋は強風域に入っているみたいである。窓からの風は強いけれど、台風直撃の時の風よりはまし。ふつうに散歩に出かける。

 時折ものすごい音がしたりする。休憩。なんだか台風の気のせいか気功も気が硬くなった。カラスの鳴き声が奇妙である。気にせず気功を続け、耳栓をはずしたら、セミ時雨がすごいことになっていた。世界は蝉時雨一色である。

 ちょっと待てよ、散歩に来た時はセミ時雨なんてなかったんじゃないか。

190815kikounoato.jpg



台風や台風並の蝉時雨



posted by superbird at 14:06Comment(0)散歩

『法華経を読めばこの世は仏国土』(190814)

 法華経方便品を読めば、地上は過去も未来もまるで仏国土。

 仏教でよくいわれるのは末法の世という思想(末法思想)である。いまはもちろん「釈迦の死後1,500年(または2,000年)以降の時期」であり、いわゆる「末法の世」といわれる。「仏の教えのみが存在して悟りに入る人がいない時期のこと」である。

 ところがしかしながら法華経(方便品)を読めば、(未来において)完全なる悟りに到達した過去からの無数の如来はこの世間を憐れみ、教えを説き、この世の人たちは親しく正しい教えを聞き、なんと、すべてこの上なく完全な悟りに到達するというのである。


末法といえども無数の仏の世



posted by superbird at 14:00Comment(0)仏教