『物質化が進んで暮らしは便利になったような、そうでないような』(200111)

 物質化が進んで暮らしは便利になったような、そうでないような。さいきん便利というより物に対して腹が立つことが多い気がする。ところで物とは石ころだろうか。そういう面もあるけれど、物は人間が作っているんだな。

 人間は何か。昨今の人間に心はあるだろうか?

 昔は物を大切にということが当たり前だった。しかし今はいつの間にかちがってきてしまっている。

 日本人は物にも心があるかのように扱ってきたのだ。しかしこのごろのネットにつながった物や機械やらは、その例としても、あるいはそこらへんの喋るエレベーターにしても、人間にとって何が便利なのか、わからないような物が多すぎるのだ。



物質化が進んで人が物になり

物が人を馬鹿にするようになった


posted by superbird at 01:32Comment(0)暮らし