『今年の後期も無事に終わった』(200120)

 きょうは納豆がなくなっているので、どうしてもとイオンまで納豆を買いに行ったら、5%引きの日でいつもの納豆がなかった。PBの納豆でもう一つ高いのもなかった。

「やめた」という感じになって何も買わず、今度は西友まで足を延ばした。
 あんな高い(残り物の)納豆は買えない。自転車で走りながら思った。誰が買うんだろう。わたしの前にいたおばさんもじっと見ていてけっきょく諦めて去っていった。安い納豆は5%引きの日はいつも売り切れになっている。

 夜道はもう車が少なく楽である。ただ信号待ちしていたらわたしのすぐ後ろにこっそり止まって待っているやつがいて腹が立った。大きな信号でほかにあいているスペースはごまんとあるのに、わざわざ端のほうで待っているわたしのすぐ後ろに引っ付くように止まって信号待ちするな。

 気づいてすぐ離れて歩いて行って道路の近くへ行き、青になってもわたしは後ろのやつが先に行ってしまうまで待っていて、動かずゆっくり西友を目指した。こうするとたいがい急にものすごいスピードで行ってしまうのだ。さいきん人にへばりつくようにしてくる奴が多すぎるのだ。

 まずは納豆売り場を目指してまっすぐ歩いていった。
「やった」
 今度はかろうじてなんと半額になった納豆があったのだ。一つだけ。

 今晩はアジの塩焼きと、サンマの塩焼きだな。卵もあるし。これで納豆も買ったし。これで家に帰るだけ。早く帰らないとまた寝るのが朝になってしまうのだ。


後期終え買い物終えて顎が出て




注:アジは、きのう二匹297円で買った残りの一匹、サンマはきょう運よく1パックだけの残り物、三尾入って半額になっていたサンマの一尾。アジは何となく太っていて一匹二匹だけれど、サンマは細くてしっぽみたいなので尾になってしまうのだ。

posted by superbird at 18:11Comment(0)暮らし