『今も昔(釈迦牟尼仏陀の時代)も邪悪な思想がはびこる』(200125)

 世の中はどうなっているんだ、という思いにとらわれるのは、寂しいことではある。

 法華経の一節に、
「福徳の少ない彼らは苦悩にさいなまれ、死を繰り返した。種々の邪悪な思想の密林の中をさまよい、62種の邪悪な思想を頼りにし、虚偽を固く守ってはばからない」
 というのがある。
「心がねじれ、高慢で、不実で、頑固で無知で愚かである」と。


現代の病は邪悪な都市化の中で

生まれ広がり人を苦しめる



 さいきん企業の不祥事がまた増えた。

 例えば、きょうの新聞の架空取引は、また東芝かと思ったけれど、それだけでもなかった。

 架空取引(2015年から)400億円。

 東芝の子会社(東芝ITサービス)を巡ってネットワンシステムが指図したらしいけれど、物が動かずお金が動いて、暗がりで誰かが損をし誰かが得をしたわけだな。

 さてそれで誰も不満がなければいいけれど、ふつうの従業員は直接的には給料が下がるわけではないし。しかし企業の株主は大損である。損した会社も、得した会社も、(会計上得しても、そこの誰かが悪いことをして金を横領しているかもしれないので会計上儲かってもその金がない)。

 後者はバレて罰金を払わされるだろうし、損した会社も社員のだれかが悪いことしてどこかから金を得ているだろうし、けっきょく得したように見えている会社も共に株価は下がり、大損するのは株主である。

 株主は誰か。大株主は、案外国民なのである。個人的に株を買って持っている人もいるけれど、日銀や年金機構が会社の大株主だからである。

 いまだに現場の社員、日本企業は社長も従業員も会社は誰のものかわかっていないので、平気で悪さをするといえる。株価が下がってその先自分たちがどういう憂き目にあうか、その責任が不明瞭なので、知らぬ存ぜぬであるな?



注:昔はそこら中に木々があって、案外密林が身近だったのであろう。だから「邪悪な思想の密林」、現代では密林に代わってさながら「コンクリートジャングルと化した都市」が身近といえるのではないかと。

『きょうの空』(200124)

 散歩に行く。

200124SANPOYUKISORA1.jpg


 御嶽山が見えている。雲が多いけれど。

200124sanpoyukuointake2.jpg


 いつもこのあたりまで来るとけっこう特徴的な空に出会える。

200124sanpoyukisora3.jpg


 散歩帰りの空。

200124sanpokaerisora1.jpg



 夕方四時過ぎの空。

200124yuugatanosora.jpg



posted by superbird at 00:00Comment(0)散歩