『庶民は株主優待で日本の食文化に気づくこと』(200219)

 さいきんというか、少しづつ、この二三年だろうか、株主優待で選択する商品の中に、みそやしょうゆ、などなどいままで口にすることのなかった豪勢なともいうべき、本物の食品があって、それらを料理で使うようになってきた。

 きょうは、新たに本物の、「蔵のうまみ醤油」というのを煮物に使ったら、まるで「だし醤油でも入れたのか?」みたいな香りが漂ってきて「なにこれ?!(まさかウナギのたれか?)」と驚いた。

「とよきち」というみそを使った時も驚いたけれど、とにかく本物のみそやしょうゆというのは、その辺で売っているというか、自分がふつうに買って使っているのとは違う別世界の調味料である。



年を取り段々出会う本物の

味噌や醤油の驚きの味



posted by superbird at 01:36Comment(0)暮らし