『きょうも雨かなと朝起きて散歩の心配をする』(200331)

 きょうも小雨が降ったり止んだりしていて、散歩をどうしようかという感じで歩いて行って、けっきょくまた木々の茂った葉っぱの下で休憩する。

 人がいないので、ほっとして体操などして休む。


鶯が歌の練習をして居り


 きょうもありがたいことにキクラゲを採取して、野草も採って、満ち足りた散歩帰りである。

 上下雨合羽を着ているので、家についてそれを脱ぐ。服というのは、合成繊維でできているせいか、脱ぐとまことに気分がやわらぐ。幸せな気分になれる。


雨合羽のズボンを脱いだ喜び



posted by superbird at 01:25Comment(0)散歩