『秋の鈴懸の実が急に落下してきた』(170217)

 紫式部の新芽はわずかに膨らんでいるのだ。

170217murasakisikibu.jpg


 公園を行くと、見慣れない実がたくさん落ちていた。
 夏から秋にかけては隆盛を誇っていた鈴懸の実だった。

170217suzukake-mi.jpg


 視線を木々に向けて見回すと、まだあちこちにいわゆる鈴をたくわえた鈴懸の木が散見された。

170217suzukakenoki1.jpg



鈴懸や鈴を落として春を待ち



この記事へのコメント