『昼近くになった朝の散歩(蠟梅や時の流れをさかのぼり)』(180119)

 散歩帰りにふと気づいてロウバイの花を見に行くと、花はすっかり終わって、よく見ればまた小さな蕾ばかりの姿を見せている。


180119roubai-tubomi.jpg




蠟梅や花が終わって訪ねれば

蕾ばかりの枝となりけり



180119roubai-tubomi1.jpg




蠟梅や時の流れをさかのぼり

子供のころを思い出すかな





注:十日ほど前は花がもう満開になっていたロウバイの同じ木が、花は終わって、きょうは蕾だけになっていた。

この記事へのコメント