『金儲け主義の企業の新製品はまず手を出さないことが平和というものである』(180131)



抗菌剤無差別テロが蔓延し



 さっこん抗菌剤を使った製品が満ち溢れている。やたら台所の、洗濯の、あちこちで抗菌剤入りの製品がある。しかもこれは使ったらなかなか取れないで残っているのである。わたしもうっかりP&Gの洗剤を買ってしまって使ったら辟易であった。いまだにそのときのにおいが下着とかに残っている。

 先日のホテルでもシーツに抗菌剤のにおいが残っていて、眠れなかった。今までシーツは無臭の洗濯したてという肌触りだったものが、まったくちがっていた。抗菌剤らしきにおいの強い部分に触れている皮膚が明らかにういてしまうような緊張と無気力の同居する異常事態を経験することになった。

 ホテルのフロントで聞くと、
「長期のお客さんが使ったあとの部屋は殺菌をしている」ということだった。
 
 消費者は健康的に生きるためには金儲け主義の大企業にだまされないようにしなけばならない。人間はいかにして生きているかを庶民は知るべきである。さっこん腸内細菌という言葉がはやりだけれど、人間は皮膚にも無数の細菌がいて、人という生物の細胞とともに生きている。もちろん彼らはわたしたちの健康に役立っているのだ。わたしたちが健康のためにと何億年もかけて培ってきたものたちといってもいいだろうし、人間という生き物が文化を持ち、食生活を確立してきた年月だけを見ても、健康的な食生活は彼ら細菌類を尊重するものであったと、わたしは思う。

 抗生物質を飲んだら病的な下痢は治るかもしれないけれど、健康的な体を取り戻すには再び健康的な腸内細菌を取り戻さなくてはならない。それと同じことが、皮膚、そして皮膚の外側でも生きている細菌類でも言えることは想像に難くない。

 抗菌剤入りの洗剤を使うことは本来の健康を放棄し慢性病を受け入れることである。抗菌剤の洗剤を毎日台所で使うことは健康を放棄し化学物質過敏症を受け入れることである。日々の暮らしで抗菌剤を使う社会は健康的な暮らしを放棄し、住民をアレルギー患者にすることである。アレルギー体質はいうまでもなくガン体質である。化学物質過敏症患者の原因物質の多くが柔軟剤の香料であるという事実からすれば、柔軟剤の香料も同じである。

 炭鉱のカナリアは毒ガス早期発見のための警報である。化学物質過敏症の患者が増えているこの社会はカナリヤの鳴き声を聞くべきである。カナリヤが鳴き止んで枝から落ちるときは、もうその他のすべての人間も同じと思ったほうがいい。

この記事へのコメント