『きょうはまあ運のいい一日だった』(191004)

 散歩の空。社会のこと、生きる糧のことなど考えてしまうのである。

191004sanpoyukisora.jpg


 休憩の前、桜の木の下の雑草に奇妙な白いものを見つけた。

 なにかよく分からないけれど、そっと静かにしておく。

191004sanpoasimotonosiro.jpg


 木の葉を食べながら帰る。

 散歩帰りの空。部屋に入るすぐ前。

191004sanpokaerisora.jpg


 散歩から帰って食事をし、郵便局へ行って、帰ってきて、公園で少しだけ木と戯れて、昼寝する。

 部屋に入る前、玄関前の空。

 さいきんこちらの方向の空がよくなった。

191004hirunemaesora.jpg



柔らかに雲は棚引く菩薩かな


この記事へのコメント