『きょうもとりあえずは無事終われて感謝である』(200615)

 散歩の空。

200615sanposora1.jpg


 月曜は3コマあるので、せわしない散歩である。

 ムクドリが見えるけれど、人がいるといじめるのですぐ遠くへ行ってしまう。


 休憩して急いで家へ帰って軽くバナナヨーグルトとクルミを食べてという予定である。

 散歩帰りの空。

200615sanposora2.jpg



 家でまた休憩し、ベッドの上で仕事の計画を軽く練る。すでに資料の準備はきのうまでにすませて作ってあるので、あとは適当にやるだけである。実は資料のほとんどは学校にあるので、これがきつい仕事ではあるのだ。

 とはいえさすがにテレワーク(遠隔授業)も慣れてきて、徐々にコツがつかめてきたけれど、運動不足になることが分かった。疲れるとすぐ寝る(横になる)のだけれど、これが学校へ行っている時の教室を移動するという肉体的な鍛錬と比べて、テレワークはその点まったくお粗末である。

 授業と授業の合間の休憩の十分はあり得ないので、生徒が問題を解き始めた時などに2分くらい横になったりできるのはいいけれど、それほど余裕はないわけで、常に授業のことなどを考えているといえる。そして体は動かさないのだ。

 頭ばかり使っているので、胃が悪くなる。なにしろ黒板がないので、速攻で生徒に見せる資料をいろいろに工夫して作ってみせるのだ。それが黒板の代わりなので、まったく必死てパソコンをいじっている。

 そして授業が終わっても生徒への対応が余震のように続く。それはまあ対面でも遠隔でも同じかな。授業以外のところでのお勤めはある程度教師の宿命である。

 食事の準備を進めようとして散歩に行くことにした。遅くなっても嫌な人間にたくさんであっても、とりあえず軽く運動である。


200615sigotogonosanposora.jpg


 公園にタイサンボクの花があることを知っているので、そっちへまずはいく。

200615sigotogonohana1.jpg


仕事終え泰山木の花があり


200615sigotogonohana2.jpg


 すぐに人が寄ってくるので避難。さっさと逃げる。

 きょうの空は有り体にいっていい。

200615sigotogonosanposora2.jpg


 

仕事の日見るたび空は満ちており



この記事へのコメント