『日々の暮らしを維持するための散歩』(200915)

 きょうは下の方の階で台所の排水管が漏れたということで、急に修理することになり朝の9時14、5分に起こされた。

 けたたましいコンクリートを破壊するような音なので、「どうにもならない」という感じでできるだけ早く外へ出た。

 エレベーターに乗ると途中で、その工事をしている部屋のおばさんと一緒になった。

 一年半くらい前に会ったことがあるけれど、その時は元気でいわゆる洗剤の抗菌剤も使っていなかったけれど、きょうは見事にものすごい抗菌剤の臭い(ここまでの人はあまりいないくらい)をまとっていて、しかも髪は薄茶色に染め、腰も悪くなっていて歩く歩幅が狭く不自由そうだった。

 たった一年半くらいでこんなにも変わるのか?

 知っている限りけっこう抗菌剤のあの臭いは「クサい」ということで止める人が多いのだけれど‥‥。

 体が悪くなることと見た目や臭いは関係があるのだろう。

 忠告したくてもそういう社会でもないのですぐわが道を急いだ。


 早く散歩に出てゆっくり長く休憩していよう。

 散歩の空。

200915sanposora3.jpg


 いつもの休憩するところでなんとギターを弾いているやつがいた。
「これじゃあだめだな(きょうは運が悪い)」

 どうしようかなと考えて、
「家に戻ろうか、さっき来た途中のベンチ(ここはめちゃくちゃに蚊が多い)で休憩してみるか(それから帰ろう)」

 蚊の多いベンチなので人が休むことはない。そこは萩の花が咲いているので見て行く。

200915sanpomodorihagi1.jpg


 萩の花もきれいである。

200915sanpomodorihagi.jpg


萩の花そっと静かに咲いて居り


 殺虫剤を使い、しかしなお蚊に刺されながらも休憩して、少しして思った。
「もしや(ギターの)あいつ、あそこだって蚊がいるかもしれないし、なにしろあちこちから騒音やらなにやらいろいろ聞こえてくるところなので、長く優雅にギターなんていつまでも弾いてられないのではないか‥」

 時間を確認、もういつもと同じ時間になっていた。

 もう一度戻ると、案の定ギターの兄さんはいなくなっていた。

「運がいいというべきかな」と。

 けっきょくいつもと同じ時間くらい休憩して寝不足の疲れを癒して帰る。

 きのうも見た木の根元の変わったキノコ。

200915sanpokaerikinoko.jpg


 草刈りをしているみたいで、道路ではその機械音がまた平和を切り裂くように響いている。

 散歩帰りの空。

200915sanpokaerisora1.jpg


 12時過ぎなので予定では工事は終っている。

 団地に戻って見る空。

200915sanpokaerisora3.jpg




騒音が満ち満ちている暮らしかな



この記事へのコメント