『散歩の帰りはもう疲れる一日の始まり』(200917)

 きょうは散歩に出る前に(道路の水漏れの件で)水道局に電話して、まるで素人のお姉さんに道路の水漏れの状況、場所などを説明しなければならずずいぶん時間がかかった。

 誰も(前回電話した名古屋市からも)連絡は来ていないようだった。

 さっさと状況を説明して終わりたかったけれど、例えば、
「水は澄んでいますか?」なんて聞かれてもそんなことはどうでもいいと思うのだ。
 その他、場所が特定されわかったのに、
「歩道がありますよね、どのあたりですか?」
「その道の公園のある前の東の方ですか?」とか。

「道路のどのあたりですか?」とか。
 わたしは、気を利かせて、
「車のわだちができるでしょう、その歩道の方、公園側」とか説明しなければならないのだ。

 現場に来て見ればすぐわかるのだ、「すぐ道路に来て見ろ」という気分にもなる。水が出ているのだから。


 日本テレフォンの株を買いたかったのでそれも買ってから散歩に出た。

 きょうは雨が降ったのでどうなるかなと思った。

 散歩の空。

200917sanposora1.jpg


 まあまあの空である。

200917sanposora2.jpg


 足もとには散ったクズの花が続いている。

200917sanpokuzu.jpg


 振り返って見上げると、まるで次々咲いていくかのようだ。


葛の花次々秋に咲いて居り



 きょうは蒸し暑いし、当然蚊は多い。ハチも、この前わたしの足を刺して行った例の黒いやつも来た。

 いつものように休憩して、蒸し暑さで疲れて帰る。

 散歩帰りの空。

200917sanpokaerisora.jpg





注:調べたらクズは秋の七草で8~9月に咲くという。しかし7月に咲くクズもいっぱいあることが分かった。夏の始めとかに咲く自分の記憶は間違っていないだろうと思う。
 大学はふつうは7月の終り頃に授業が終わるので、そのあとくらいに目にしていたのではないかと思う。

 たしかにこうして9月に咲くこともあるのだろうけれど。

この記事へのコメント