『証券取引が失われた平日』(201001)

 散歩の空。

201001sanposora1.jpg


 自転車がまたタイヤの空気が抜けてしまいきのう夜なおしておいたけれど、散歩前に見たら失敗で空気が抜けていて、
「虫ゴムのせいじゃなかったんだ。ということはどこかに穴が開いている」

 忙しい中、
「チューブを出して調べてなおすしかない」ことが判明。

 ちょっとした苦労が背中に一つのっかっている(その自転車の鍵もなくしたし)。

201001sanposora2.jpg


 セキレイがいる。珍しい。今年のセキレイは警戒心がいっそう強い。

201001sanposekirei.jpg


 きのう自転車の鍵をひとつなくしてしまったので、ふだんとは別の道を歩いていく。

 探したけれど心当たりの場所にはなかった。

 風景を見て行く。

201001sanposora4.jpg


 ただ空を見て行く。

201001sanposekireinoato.jpg



 散歩道をさらに人を避けていく。

 このキノコは、(きょうの次にもある)、先日見かけたユーモラスな小さなロボットのような姿のものの傘が開いたのでは?

 おそらくはそのキノコじゃないかと思う。

201001sanpokinoko1.jpg


 横から見るとどこかかわいらしいそのキノコだけれど、蚊に刺されるので、急いで斜め上からのみの写真。

201001sanpokinoko2.jpg


 これはよくあるようなキノコだけれど、右にあるのは少し先に出てきて傘が割れているのは今年の特徴。

201001sanpokinoko3.jpg



 休憩の場所にもキノコはいろいろある。

 これはおいしそうなキノコ。

 人間の暮らしの範疇ではこの傘の色と形が、手にとって口にしたら甘みがあるのではと錯覚してしまう危険もある。

201001sanpokyuukeikinoko1.jpg


 カステラかパンみたいなキノコ。

201001sanpokyuukeikinoko2.jpg


 キノコばかりに気を取られていると、西洋ではないけれど、どこか妖精の世界があってもおかしくないような、そういう感覚も無きにしも非ず。

 休憩を終えて、新聞を見るけれど、きょうは東証でシステム障害があって、株が全面取引停止で、そっちの方が気になったりする。

「こんなことがあっていいのか?」

 資本主義社会で株の取引があるべき平日に成立しないということはもう終わっているといわれても仕方がない。バックアップシステムも死んでいるのでは情報科学という学問が泣いている。

 これがまさしく日本の姿であろう。

 散歩帰りの空。

 その(東証がない)せいかのどかな感じもする。

201001sanpokaerisora1.jpg


 空はいい感じ。

201001sanpokaerisora2.jpg


201001sanpokaerisora3.jpg


201001sanpokaerisora4.jpg



茸らに妖精たちの世界かな



この記事へのコメント

  • aki

    憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
    突然の書込み失礼致します。
    この度は皆様に知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

    マスコミが大きく報じぬ中、連日中国の日本領海侵犯が増大し、尖閣侵略を狙っている現状を、
    中国に侵略虐殺を受けるチベット等の姿と重ね今多くの方にどうか知って頂きたいです。

    戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

    北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

    現在まで自衛隊と米軍の前に中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、時の政権により米軍が撤退してしまえば

    攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

    9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の弱かったウイグル等を武力で侵略し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や、

    核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、

    自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
    中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に
    一人でも多くの方に知り目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
    https://pachitou.com
    長文、大変申し訳ありません。
    2020年10月02日 17:30