『仕事のあとはストレス解消が必要だ』(201130)

 いつものように散歩に行く。

201130sanposora1.jpg


 善なる世界の表れを思って歩いていった。

201130sanposora2.jpg


 まっすぐに歩いていって見る空。

201130sanposora3.jpg


 寒いのだろう、人が少ない。

201130sanposora4.jpg


 散歩道から見える木々の姿。

201130sanpomitinoki.jpg



 休憩は穏やかに。

201130odayakanikyuukei.jpg


 きょうも小さな蝶々がいた。

 休憩の終りだったけれど、すぐにいってしまった。

 仕事のことを考えると胃がむかつくので、さて帰るときは、なにも考えないで行く。

201130sanpokaerisora1.jpg


 人が来ても見られても身体意識で歩いていく。

201130sanpokaerisora2.jpg


 ときおり今日の授業はどうしようか、と思うけれど、準備はしてあるので考えないでいい、と吹っ切っていく。

201130sanpokaerisora3.jpg


 部屋に着くと時間がないので急いで食事の準備。

 遠隔になって学習支援の授業で学生も先生の顔が見えないからか(いっそう)勝手なことをいう奴がいたりして、対面授業とはまた違った対応が必要になったりもする。

 相手の言うようにしないとぷっつんそれっきりになってしまう奴もときどきいる。

 全体的に今年は学生の学力が相当に低くなっている。それがぷっつん頻出の理由でもあるだろうか。

 これでも前期物理の力学1を合格したのか?

 と思うような力のベクトルの作図や合成すらできないやつがふつうである。

 これでも前期化学1を合格したのか?

 と思うような物質量は知らないし質量%のことも使えないし、

 これで化学系が専門かあ‥‥?


 怒らず穏やかに下手に、下の方から学生さんを見るように謙虚に謙虚に、

 物理も化学もお話しをしていく。


 学生がどうであれ、こっちは対面以上に準備時間をかけている。

 準備(高度な資料)やなにやらで下手をすると24時間体制になってしまうので、事務方からいわれているように、そうならないように学生に理屈をつけて時間内だけで対応できるように授業をする苦労もある。

 きょうはそこそここっちも身勝手にやった。

 先生が身勝手というのは、ルールを守ろうとするということで、守り切れずに時間をはみ出してしまうのだけれど、ルールを逸脱して無理を言ってくる学生に対しては、いかにも(これは)正常なことでもある。


仕事終えベッドで休み終えたなら

すかさず日々の暮らし始まる




この記事へのコメント