『休みの日あっという間に消えて居り』(220624)

 散歩の空。

220624sanposora1.jpg


 寝れるときにはできるだけたくさん寝ておこうという生活スタイルなので、
「きょうは金曜日だな」とか確認しないと何曜日かわからなくなってしまう。

 夜明け前頃に朝ご飯(きのうの夜は仕事から帰って一度寝るともう起きることができなかったので)晩ご飯が朝ご飯になった食事をして、一度少し寝て、それからふつうに起きてコーヒーを飲み、ベランダの植木とかをながめて水をやり、株価もスマホで確認して取引もし、新聞を見たりして少し楽しみ、(きょうは中日の根尾がピッチャーになって150kmを出したというような楽しい記事がないので残念)、いろいろ経済の記事も見て、それはそれで楽しいけれど、時間があっという間になくなって散歩に出てきたのだった。

 この二三日、まったく蚊がいなくなったのは不可解である。もしかして、自治体とかが勝手に殺虫剤をまいたのかな?

 そうでなければきょうなど30度超えなのに不自然である。

 蚊がいなくなって楽とはいえ、もし殺虫剤の結果だとしたら、大きな目で見るとそれがいけないということもいえる。

 ともあれ、楽なせいで睡眠不足が顕在化、休憩していると寝落ちしてしまい、時間がこれまたあっという間に過ぎ去った。夕刻にようやく蚊が出てきた。

 散歩帰りの空。

220624sanpokaerisora1.jpg



220624sanpokaerisora.jpg


 帰って来て、ほとんど休む間もなく、買い物に行き、クレジットカードとか家賃とかのお金を入れ、帰ってきた。

 買い物帰りの空。

220624kaimonokaerisora.jpg


 嫌なことはあったけれど、芭蕉の紀行文集(110円を優待券があるので使わない手はないので)を買い、まあそのせいもあるのか、空は悪くないといえる。

 もっといい空はあったけれど、写真には撮っている暇はなかった。

 買い物を終えて自転車で走っていると、イワシ雲に覆われるようにして雲が一つ、それがあっという間にイワシ雲が消え去って、解放された雲の一つが見えていたのだ。


鰯雲あっという間に消え去りて

解放された雲一つかな



 ブランチのあとはいつものように寝たけれど、またまた時間があっという間に過ぎ去った。

 洗濯の音がうるさくて目が覚め、時計を見ると、三時過ぎ、起きると真っ暗である。どうすべきかわからなくなっている。とりあえず起きてなにかする時間じゃなかろうか。



休みの日あっという間に消えて居り



 バナナヨーグルト豆乳、昨夜食べ忘れた自家製パン(さいきんはライ麦の全粒粉入り)を食べ、体を鍛えに出かけていった。もう人がいたりするのでもっと早くしないと(人に見られて)気がおかしくなるのでダメである。

 もう夜明け前か。

 夜明けの空。

220625yoakenosora.jpg



 これはもちろん25日土曜日の夜明けの空である。

この記事へのコメント