『新横浜から出勤』(190508)

 きょうはいつもどおり、仕事である。いま新横浜のホテルにいるとはいえ、いつもどおり名古屋で仕事である。

 なんかすごいなあ。

チェックアウトいざ出陣のスーツかな



 ホテルの部屋でいつものようにスーツに着替えていると、いつもとちがってサラリーマン戦士になったような気分になった。さすが横浜のビジネスホテルで、エレベーターに乗ってもサラリーマンを多く見かける。そうしたこともあるのだろうか、着替える時の気分がどこか自分じゃないみたい。

 そうだとしても、新横浜から新幹線に乗って1時間半弱(そこから乗り換えて2時間くらいか)、名古屋の学校へ仕事に行く気分は、いつもとちがって高級感がある。

 コントレックス1.5Lを買い、きのうの夜駅構内の何台もある自販機を見学した折、切符を買ったので今朝はさっそうと、新聞を買い(読売一部150円)、すぐ来たのぞみに乗り込んだ。

 新幹線はいまややたら来るので、時刻を気にしなくてもいいし、名古屋まで停車駅もなく、なんて素敵な旅だろう、お客さんもそこそこ少なくて快楽的でもあった。


 時々思う。名古屋の家からじゃなくてこうして新幹線で(横浜から)通えたら、これはいいだろうな、とか。

 もちろん名古屋の家が居心地がよければそんなことも考えなくてすむだろうけれど、心身の健康のことがあるので現実は考えて思ってしまうのだ。


 そうしたどこか俗っぽいけれど、切実でもある願いや思いも、富士山が見えてくるといつのまにか高尚な気分に変容している。

190508hujisan3.jpg


190508hujisan4.jpg


190508hujisan5.jpg


190508hujisan6.jpg



富士山を見ればやっぱり感動し



富士山を見れば涙がにじむかな




 天気もよくて申し分がない。


 たださっこんの事件を受けてか、快楽にひたっていると、警備の人が男女交互にやたら行き来する。不愉快な気を出してやたら横を通る。そのたびに空気が穢れる。

 快楽的な旅は諦めて、歯を磨きに席を立った。出会うサラリーマンは紳士的であった。これでいい。

 もうすぐ名古屋である。

posted by superbird at 16:20Comment(0)

『予定通り総持寺へ行けた』(190507)

 総持寺を探していく途中、すぐ近くに成願寺という禅寺があった。中に入ってお参りした。小さなお寺だったけれど、たしかにいいお寺だった。

 その先を左折して総持寺へ行った。


 きょうの写真はもう暗いのにもかかわらず、なぜかこれだけがよく映っていた。

 大祖堂。

190507turumisoujiji.jpg



(おそらく)また来るだろうな。

 どこか大きすぎて俗化されているところがあると感じたのは、思えば女子高生の無数の行列が建物の中を延々と歩いていたことも大きいのかもしれない。

 学校授戒法要とかいうものをやっていて、功徳を積んでいるので仕方ない。禅寺・曹洞宗の総本山だからこそ(こうしたことも起きること)なのだろう。

 また昼間明るい時に来なさい、ということか。





続きを読む

posted by superbird at 01:02Comment(0)

『きょうの予定は内房線を南下して土地めぐりをすることだった』(190507)

 新横浜から横浜へ出るのは地下鉄・バス・JRと三つあるようだ。適当にJRで行った。そこから高速バスで行くことにした。アクアラインで行けばショートカットで近くて早いだろう。

 聞いたまま、SOGOの先の階段、Cの階段を上がっていくとそのバス停はあったけれど、30分に一本しかなかった。見ると、5分前に出たばかりか。床掃除のまっただなかで、機械を使うのでいつまでもうるさい。

 運が悪いな。

 自販機で1550円の切符を買い、ベンチでひたすら休む。

 高速バスの旅は快適だった。ただそのあとJRがいけない。

 木更津へ着いて、さっそく少し待って内房線に乗って南下。電車が不都合なほどにやたら停車して、時には20分あまりも停車したりして(君津)、名古屋では考えられないような時間の流れを体験し、じれたホームを歩きながら体操をして、‥‥。


 乗り換えの電車を待つ間に見かけた鳥。

190507nagainoekinotori.jpg


(きけん!と書いてある)

190507nagainoekinotori2.jpg



 土地とかを見に来たんだけれど、この辺りはいい。

「こっちは伊豆半島よりきりっとしていて緑も多いんじゃないか」
「半島が大きいからな」、
「いいんじゃないかな」と、思ったりして、‥‥。

 電車に乗れば時折、きれいな海をながめ、時折深い緑をながめ、‥‥。

 下車した駅から見た山。

190507ekikara.jpg


 駅を降りると急に明るくなって山を照らしている。

 反対側の景色。

19057tibahuttu.jpg


 土地を見に来ると天気が回復することは多いけれど、急に明るくなって気分がいい。


 山を行って見えた観音像。

190507kannnon.jpg



 山を登って、(待てよ、電車で)来るときにものすごく時間がかかったので、もう「すぐ戻らないと」という感じで再び駅に向けて走ったりして戻って、なにしろ目前の16時55分の電車に乗らなかったらまた1時間くらい来ない、あわてて(無人だった)駅で入場券みたいのだけを(地元の高校生に聞いて)かなり単純なつくりの自販機で買って、ふつうに良心的にホームに入場。ほっ。

 さっき来た山の向こう側に高校があるみたいで、まわりは高校生ばかりといった感じ。

 木更津まで(途中青柳で8分停車があっただけで)帰りは順調に来て先の入場券みたいのを見せ、電車賃(410円)を払い、あと残り(高速バスまで)3、4分、走ってコンビニで缶コーヒーを100円で買って再び高速バスに乗り、アクアラインで海をながめて瞑想し、横浜駅まで戻ってきた。

 もう暗くなっていた。


 考えていたけれど、土地を買うのはやめだな。

posted by superbird at 00:53Comment(0)

『千葉へ行くのでまずは新横浜へ行く』(190506)

 世間が十連休とかいうとやはりだれしも頭がおかしくなる。


片隅に夢見る薔薇の花の家



 連休中はどこへも行かなかったので、きょうの夜から授業後遊びに行こうと思った。ところが金山に来てみると、意外や意外、いつものように金券ショップで新幹線の切符は買えないのだった。

 こういうこともあるのか。世間知らずだったというべきかな。自販機で切符は買えるけど使えないのでは仕方がない。

 茫然としながら金山駅前をなんとなく歩いていると、こちらはまっすぐ歩道をそのまま歩いているのに、横から出てきて傲慢に、ふだん見ないような無礼な歩き方をして「どかんっ」とぶつかってきて何もなかったかのように歩いていく若者。きょうは運が悪いな。見ればイヤホンをつけて周囲のことなど我かんせずで歩いていく。そう思っていると、今度は先ほどでもないけれど、かすかに体が当たった程度ではあるけれど、そのもう一人は昼前なのに酔っ払いみたいにふらふらである。いい若者が。

 連休ゆえの不運、彼らにしてみれば、連休ゆえの無知なる唯我独尊というべきであろうか。

 いまは自分も旅行のことがあるので、授業が終わったらどうしようか。何が何でも新横浜まで行かねばである。


 学校へ行くと、生徒は病気で遅刻したり、病気で休みますなんていう連絡がいくつもわたしの元に届いていた。

「だめだな、こいつは」なんて厳しいことを口にしながら、日本はこんなものかなと思う。そして、教壇からは、「世間はまだ連休できょうは連休最後で疲れているでしょうから」と微笑を浮かべて「休むのも悪くはないでしょうけれど」などとお茶を濁す。

「将来この国はぼろぼろになる」というのがわたしの持論である。が一方で若者は、どうやら報道では、右肩下がりよりも日経平均が7000円台の底を脱したあとの時代を生きてきて、景気回復を目にしてきた層が増えてきて、楽観しているようだ。

 この国がよくなることはいいことではあるけれど、「よくなる」と信じる者が増えれば理不尽でも「よくなる」のでそれはそれでいいのだけれど、マイナス金利がいかに不都合なものであるかを知らない無知な若者といえる。

 経済の話は学生たちがいかにいま勉強していい企業に就職して夢のような暮らしを手に入れるかを語ることがあっても、物理や化学の先生なのでしかもきょうは遊びにいくので、いつものように封印し、地道に計算のしかたや、未来の科学の話などをに目を輝かせながら、いまやっている座標平面を使った物体の運動の分析方法や、などなどを説明して、問題をたくさんやってもらって、無事終了した。

 ものすごい雷雨になった。

 講師控え室で紅茶とコーヒーを飲み、自家製パンを食べ、さて雨も止んできたので出かける。はじめは友達の車で近くの駅まで送ってもらおうと軟弱なことを考えたけれど、その人ものすごく早く(三十分以上早く授業を)終わって(実はこういう人が多い)、帰ってしまったので(わたしはほぼ定刻までやるけれど)、ゆっくりにわか雨が止むのを待つしかない。

 新幹線は混んでいたけれど、案ずるよりやすし(なにしろJR CYBER STATIONで見たら指定席はほぼ売り切れ、でも)「ひかり」自由席で座っていった。そして小田原でたくさん降りたので、もう楽ちんだった。十分くらいだったかな。極楽だった。極楽はあっという間に終わった。

 新横浜ははじめてだったので、さっぱりわからない。もうなんかお店がほとんど閉まっているみたいでどうしようもない。

 新横浜は学校から家に帰るより早く着くので、いっそ新横浜に家があって通えたら幸せだな、人生ばら色だなとか思った。(実際は名古屋の家がもう少し心地よくてよく眠れたらそっちのほうが幸せだろうけれど)。

 春休みと秋休みは名古屋を離れて静かで空気のいいところに住みたいな。

 このごろは見ていると、不幸な人と幸せな人が両極端である。それは団地の人を見ていてもそう思うし、ある一人の人が何かをきっかけにして振れることもまたよく目にする。

「禍福はあざなえる縄のごとし」のひとつの現れだろうか。

 

幸せは禍福を編んだ太き縄

という仏によく出会うなり









posted by superbird at 16:11Comment(0)

『仏舎利塔からは平和が広がっている(お絵描き)』(190314)

 仏舎利塔で少し寝て、富士山の絶景スポットまで戻って絵を描きに行く。なんだか体がだるいので、ゆっくり歩いていく。手提げ袋に入っているのは絵の道具、スマホ、それくらいなもので、あとはカメラとかメモとかも携帯しているけれど、重いのだ。

 中国人たちは富士山が見えているときにやってきたグループはもう大はしゃぎで、童心に返ったみたい。しょうがない人たちだなあ。

190314heiwakouenfujisan2.jpg


 わたしはどこで絵を描こうかと考えながら、この前はどこだったかな、この辺で描いたんだったっけとか、以前書いた斜面を探したりする。

 中国人観光客の邪魔をしてはいけないし、スマホでずうっと動画を撮っている人もいるし、何となく新聞紙をひいて座って描き始める。適当になにげなく絵の具を出して溶いて薄めて描いていく。

 富士山が雲に隠れてしまうと中国人観光客のグループはとても静かである。はしゃげて幸せなグループもあれば、静かに観光をして帰っていくグループもある。後者の人たちの中にはわたしの絵を見ていく人がいる。

 わたしの絵の写真を撮って満足していく人たちもいる。名刺でも作っておけばよかったかな。などとあとで思った。

 わたしが絵を描いていくところを見ていくのは自由である。画面に太陽の影(わたしの頭とか)ができている時には、わたしはあえて立って後ろに下がり、ちゃんと絵がきれいに撮れるように配慮する。

 どことなく(中国人が)満足し、感謝して帰っていくのが分かる。

190314fujisannetyounaire(s).jpg


富士山や世界平和の祈りかな



 帰り道、境内には法華経に出てくる菩薩の灯篭が立っていて、一つ一つ名前を口に出して唱えていく。それらは宮沢賢治の『雨ニモマケズ』の最後に出てくる、

南無無邊行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如來
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼佛
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

 というのとそっくりである。

 参拝の道にはもっとたくさんあって、一つ一つ唱えていく、すると観音菩薩の像が左手に見えたので、そっちにも参拝していく。延命十句観音経の大きな石碑が立っている。

 その先に、観音菩薩像が立っておられる。

190314heiwakouennkannonnsama1.jpg


 これはいわゆる山門なのだろう。

190314heiwakouennkaerimiti.jpg



御殿場の日本山妙法寺

平和祈願の山の中かな



posted by superbird at 18:13Comment(0)

『仏舎利塔からは平和が広がっている』(190314)

 平和公園までたどり着いて、日本山妙法寺を参拝し、ほとんど中国人観光客というなか富士山をながめ、予定通り絵を描こうと思う。

 その前に仏舎利塔の仏陀に参拝することにした。

190314heiuwakouenbuddha.jpg


 世界平和への道の一つが示されている。

「人には皆仏様と同じ尊い心が具わっている。
 その心をお互い拝み合うことで、
 世界平和で幸福にくらすことができるのです。」

190314gasshouraihaibuddha.jpg


 すなわち、
「この地上の人間の世界においては、お互いに相手の仏様の心を拝みあうことで、世界平和が実現する。幸福な世界になりますよ」という思想である。


 以下は仏陀の背光の中に浮かび上がった文字。

「この三界は、みなこれ我が有なり。
 その中の衆生は、ことごとくこれ吾が子なり。
 しかも今この処は、諸の患難多し。
 ただ我(仏陀)のみ、よく救済をなす。」

190314buddhanobun.jpg


 すなわち、
「人間のもっている世界(三界)に生きるすべての有情(衆生)はその仏様の心の子供であり、しかもそこ三界で子供たちはさまざまな困難に出会って苦悩することおびただしい。ただわたし仏陀のみが救済となるであろう」


 正面の仏陀は北を向いて平和の象徴である富士山と向き合っている。

190314heiwakouenfujisan1.jpg



 西には涅槃に入る仏陀がおられ、

190314nehanzou.jpg



 南には仏陀誕生の像がある。

190314buddhatanjyou.jpg
 

 東には悟りを開いた仏陀の初転法輪。

190314hatutennpourin.jpg


 何しろ睡眠不足なのと疲れているので、しばらく南の仏陀誕生の前で寝ることにした。


(注:上の仏陀の言葉の中で、もとは「我一人のみ」とあるところを「我(仏陀)のみ」と著者が僭越かもしれないけれど、書き換えました)

(注:三界とは「衆生が生死を繰り返しながら輪廻する世界」のこと。
posted by superbird at 18:00Comment(0)

『きょうは三島大社へ行く』(190313)

 予定どおり11時27分の電車でまず沼津まで、それから三島まで東海道線で行くわけだ。沼津は意外に大きな駅であった。


 沼津から三島はすぐ。

 ここは一度来たことがあるので、見覚えがある。以前来たときは駅前だけ見て明るいなと思った。

190313misimaekimae.jpg


 さて歩いていく。

190313misimanominkanohana.jpg


 民家の庭にきれいな花が咲いている。先が分からないのでさっさと歩いていく。

190313misima-saihukuji1jpg.jpg



 一遍上人ゆかりの地と聞けば立ち寄る。

190313saihukujiippenn.jpg


 ガラスケースの中に

「身を観ずれば水の泡」


 という歌(句?)が書いてあった。

190313misima-saihukujimizu.jpg



 水の泡というのは、「水泡に帰す」ということでもあるわけだけれど、
 自分の身を観照する事なかれということか?

 もしそうならこれはすごい境地である。

 西福寺。

190313misimasaihukuji.jpg


 お地蔵様のお寺。

 いわれは怖い。

「時宗の開祖一遍上人が三島大社を訪れた時、
一度に往生を遂げた七、八人の従者達が
この地の高台に葬られ」という

190313saihukujijizousama.jpg


 何事も成らぬということはなし、というような成就地蔵尊である。

190313saihukujijizousama2.jpg


 本堂のほうへ戻ってもう一度ながめる。

190313saihukuji3.jpg



 成就地蔵尊のお堂の前へ来て、再び縁起をよくよく読みながらしばし熟考。


水上に成就地蔵が居りにけり




 西福寺を出てファミリーマートによって、急遽pdfのプリントアウト。

 境内の縁起(上に記したのとは別)を見ていて、お地蔵様のいわれから、とりあえずこの世のことを一仕事しておこうと。

 コンビニを出るとなんとみずばしょうが無造作につややかに咲いている。

 生活の排水路でもあるようで、しかしきれいな水が流れている。

190313misimafamilymartmaemizubashou.jpg


 観音蓮ともいうらしい。


巡礼の三島の水に観音蓮



190313misimamizudori.jpg


 水が豊かな三島である。水鳥が平和に住み着いている。


 なんとなく三島大社に到着した。

 鳥居をくぐるごとに一礼をした。

 天皇陛下在位30年記念である。晴れやかな気分である。

190313misimat-heika30nenn.jpg



 参拝をすませて境内をなんとなく歩く。

180313misimataisha.jpg


 おみくじ200円、「幸福みくじ守」に頬が緩んだ。

190313misimataishaomikuji1.jpg


 熊手が出た。末吉である。

 記念の品みたいなアクセサリーみたいなものが入っている。
「福よせ熊手」にまた頬が緩んだ。

190313mikujikumademisima.jpg


 いろいろな種類があって目の先にそれぞれの意味が書いてある。

190313misimaomikujikumade.jpg



 絵馬(500円)も買った。

 これも頬が緩む。

190313misimat-ema.jpg


 家族ともども無病息災としておいた。


 神馬。神様の乗るお馬様であろう。

180313sinmemisima.jpg


 きっと天馬のように駆けているのであろう。丁寧にお祈りしておいた。



 樹齢1200年という金木犀。国の天然記念物。

190313kinmokuseiengi.jpg

 1200年生きていると聞けば、これはまさしく神様のような金木犀ということになる。
190313tennenkinenbutunokinmokusei.jpg


 帰り、ここは鳩が多い。

190313misimataishahatotati.jpg


 熱田神宮には鶏の類はいるけれど、鳩はいない。


巡礼の三島大社に鳩がおり



 神社の池の鯉を見ていくと、いつのまに来たのか、足元には鳩がいて鯉を見つめていた。

190313hatotokoi.jpg



鯉を見る三島大社の鳩もおり


190313misimatashaikewomiruhato.jpg



 あれは。よく縁起を見ておく。

190313misimat-engi.jpg


 外へ出て振り返る。

190313misimataishadetatokoro.jpg



 もっとお寺めぐりもと思ったけれど、疲れてしまうので帰ることにした。道を一つ右折し忘れて、まっすぐ違うほうへ行ったら業務スーパーがあった。

「三島にもある」って感じで中へ入って、アルコールなしの甘酒とラッキョウの酢漬けを買った。

 レジをすませて驚いたのは、
「ここは袋がないんだ」ということで、三島は意識が高いのかなと思った。地域によってまったくちがうのである。

 地図を見て、逆方向すぐ、駅の方角へと左へ道を折れていくと、上り坂である。途中の公園でトイレに入った。

 公園内は地面がむき出しになっていて、溶岩が出ている。そのことを注意喚起するタテカンがあった。なるほどたしかに。歩くには注意が必要といえる。黒っぽくてデコボコである。

 このあたりは富士山の火山灰でできているのであろう。


アスファルト一皮むけば溶岩と

水が湧き出す三島の景色


 さらに坂道を登って歩いていくと、
「これは熱海といっしょだな」と思った。

 坂道が駅に向かっているし、両側にある店の雰囲気も近いし‥‥。

190313misimaekimae.jpg



 JRは来るときも帰りもそれなりに混んでいる。昼間なのに人が多いのは名鉄よりすごい。


 東海道線を沼津で乗換、かなり三十分弱くらい(「こんなに待ち時間があるのか!」)、車内で待って沼津から御殿場線で出発。

 御殿場線からの富士山。

 世界遺産だけれど、どこか粗末にされているという印象の富士山。

190313kaerifuji1.jpg


190313kaerifuji2.jpg


 御殿場駅からも富士山は見えるけれど、大きな建物が建ってしまってかすかしか見えない。我も我もと富士山の展望を求めて高い建物を建てるので、御殿場駅に到着してもだれも見えない富士山になってしまったのであろう。

 逆の箱根方面はよく見渡せる。

190313ekikarahakone.jpg



続きを読む

posted by superbird at 21:53Comment(0)

『三島まで往復(2)』(190313)

 ホテルへ帰るけれど、大通り沿いは気分が悪いので、一本内へ入る。

 ここは浩宮さまが昔立ち寄られた神社(藍澤五卿神社)。時々ここを見る。

 藤原宗行の石碑。

190313gotenbahironomiyasama2.jpg


 
190313gotenbahironomiyasama.jpg


 きょうは珍しい花が咲いている。(前も咲いていたろうか?)
 
190313hironomiyasamatatiyorinojinjahana2.jpg


190313hironomiyasamanotatiyotta.jpg


 記念樹も成長したかなと。

190313hironomiyasamaotaiyori.jpg


 もうすぐ天皇になられるのである。


 神社をあとにしてホテルへ向かうけれど、風が強い。

 御殿場線で帰ってきた電車内では、通勤電車で味わうような無礼な若者が引っ付いてきて、眠って寄りかかってきたりして、すいたらすぐに別の席に移ったけれど、ここは年寄りとか身障者とかの優先席だし、
「高校生か大学生みたいな若者がアベックで来て年寄りにもたれかかってくるな」という気分なのだ。「もう席がすいているのに引っ付いてくるな」

 などと思ったりしながら外の風景を見たり制服姿の高校生を見たり、疲れて寝ている旅行中の若者を見たりして、あとは静かに黙想であった。

 人間は欲があるから人と関わる。心が満たされず貧しいから他人に引っ付こうとする。そのとき礼がない人間は相手にされないものである。さっこんの若者は名古屋でもやたら他人に引っ付いてくる。

 名古屋にいるとよく、時代が変わったというか、日本人は教養のない新興国レベルになったわけだ、などとよく思うものだけれど、御殿場も似てきたのかなと。


御殿場や富士と箱根に守られて

されど世間の風は吹くなり



 さらにホテルまで歩いて、もう湯につかってゆっくりしたい。足が痛いのだ。(きのう)来るとき充電池をコンセントにさしっ放しで家を出た事に気づいてUターンし、自転車で高速のバス停まで必死になったのがまだ響いている。

 温泉は、「あざみ」というけれど、ここは湯河原温泉の湯であるらしい。多くの文人の傷を癒してきたというふれこみになっている。



あざみの湯つかって落とす世間かな



posted by superbird at 18:39Comment(0)

『帰りのバスの中でまあ幸せな旅だったなと思う』(190220)

 ほとんど相国寺と御所でかなりもう時間がなくなっていて、しかもコインロッカーを入れたのがまた勘違いがあって四条河原町だったので、戻って荷物を取り、京都駅に出るのにそれはしんどい思いをする羽目になった。重い荷物を手に持ちリュックを背負いたくさん歩いたり階段を上り下りするのだから。

 ネットカフェの外にあるコインロッカーは200円で格安だったけれど、けっきょく高くついた。

 京都駅でのんびりネットカフェとかで休憩する暇がないので、人目を避けて階段に一人座って休んでいく。

1190220ekikyoutotawa-.jpg


 御所の一般公開を見てくればよかったかなとも。

 だんだん天気が回復してきた。青空が見える。

190220kaerikyoutoeki.jpg


 いつもバスの予約チケット売り場に隣接する進々堂でサンドウィッチを買ったりするけれど、きょうもそういうことになりそう。

190220kyoutoekisinsindou.jpg



 高速バスの中で食べる卵サンドは、なぜかものすごくうまく感じだ。ホテルの朝ご飯がひどかったせいが大きいと思う。いつもは朝食バイキングで健康的なものを選んでたくさん食べていたのに、いかにも不健康な安物の弁当だったのだ。

 駅で買った291円の卵サンド。

190220hisasiburinoshanaishoku.jpg


190220hisasiburinoshanaishoku2.jpg



進々堂卵サンドの旨さかな



 ホテルの電子レンジで焼いたサツマイモ、バナナ一本、野菜ジュース二本(朝ご飯の時もらえた)、これらを卵サンドのあと次々食べた。頭が疲れてぼんやりしているせいか、たんにバスに乗ってのんびりしているせいか、バスが止まって(名神八日市で)たくさん人が下りていったので、(名神多賀で)休憩なのかと思ったら単なるバス停だった。

「お客さん!」と運転手さんは目をむいて叫んだ「八日市ですよ!!」

 危うく降りていってしまうところだった。

 帰りがバスの旅というのは人が少なければ、いろいろ考えることができるのがいい。



posted by superbird at 18:15Comment(0)

『京都には愛すべき文化があるけれど変わったな』(190220)

 きょうは相国寺へ行った。ホテルから歩いていった。はじめは地下鉄で行こうと思った。途中古本屋があって覗くと、広重の版画があった。

 トビウオである。青い。

hirosigetobiuo.jpg

「赤尾照文堂より」


「15000円かあ」15000円(?)だった。

 こころ惹かれる思いがしばらく続いた。

 ほかにもだれそれのなかなかこころ惹かれる梅の肉筆画があった。これも腕組みしてしばらくながめていた。実はきのうも壬生寺へいくとき、どこかの大きな会社のウインドウに同じ作家とおぼしき梅の絵があった。なかなかにいいのだ。

 名古屋ではこういう場面に出くわすことはない。

 さらに歩いていくと、大きな観光案内所があったので、立ち寄って、
「相国寺に行くんですけれど、その辺りに何か他にいいところはありますか?」と聞いてみたら、
 片手を上げて思案しながら、
「ここから歩いていって、御所を散策してはいかがですか。ちょうどいま梅が見所です。ここから二十分くらいです」という。
「ああ、そうですか」とわたしは梅が見所という言葉に心奪われてしまった。
「ええ、このあたりです」とその年齢的にはもう引退後とも見受けられるご老人は地図を指さしていった。
「はあっ、そうですか」とわたしはいいかなと思った。
「御所は一般公開中ですから、散策しながら出かけたらいいんじゃないでしょうか」

 御所まで歩いて二十分、御所の端から端、御所は広いので相国寺までまた二十分。けっきょく歩いていくことにした。けれど、疲れるのだ。

 御所の中でもう疲れてしまった。大木があちこち倒れるままになっているのには驚いた。昨年の強風台風で倒れたままになってるのか。名古屋の牧野ヶ池緑地よりある面ひどい。

 倒れるものは倒れるままにしておくのが自然といえば自然で、これが正しい管理という言い方もできる。もちろん意味があるからこうなっているのだ。

 昨夜3時過ぎまで本を読んだりメモを書いたりしていて、歩いているともう疲れて駄目なので、ベンチで寝ることにした。空は回復してきていて、青空が見える。日差しが暖かい。

 歩き始めると白の混じった小鳥が一羽。逃げることなく目の前にいる。珍しい小鳥である。

190220goshonokotori1.jpg


190220goshonokotori3.jpg


「これはにげない」

190220goshonokotori4.jpg


190220goshonokotori2.jpg


 人が来ると逃げていった。


 御所を出て道路を渡り、同志社大学のふちを回るように歩いて、遠回りになった。

 相国寺にようやく着いた。

190220shoukokujisanmon.jpg



 以前の知っている禅寺とはちがっていた。
「ここは禅寺じゃないな」と思った。

 救急車の音が耳につき、外の音もうるさいし、境内だというのに自転車が道路を行くみたいにひっきりなしに走っている。通勤通学の道路である。
 関係者以外の車は入れないとあるけれど、関係者の車だとしても中を走っているのは気に入らない。おそらくいろいろあって座禅によって出てくる雰囲気がないのだ。

 雰囲気がないせいか、日本人観光客が禅寺を味わっていない。

190220shoukokuihoudou5.jpg


 法堂。

 法堂(はっとう)は住持(住職)が僧に説法をするところである。本尊の釈迦如来がおられる。

 開山が夢窓疎石だとは知らなかった(というより何度か来てだいぶん前には知っていたけれど、さいきん忘れてしまっていた)。


 美術展があるようだったけれど、興味がわかないのでUターン。

 一本の白梅の木が満開で、この白梅だけがじっと見つめていればその美を無言のうちにかもしている。

190220shoukokuji3.jpg


190220shoukokujihakubai4.jpg



 すずめが境内の道にいる。名古屋の散歩道とあまり変わらない光景である。

190220shoukokujisuzume6.jpg



 ここは変わったな、と何度も思う。

 さっき「雰囲気がないせいか、日本人観光客が禅寺を味わっていない」といったけれど、
 観光客に禅寺を味わうこころがないから、禅寺の雰囲気がないともいえる。

 外国人が視線をちょろちょろするのも駄目である。ここは遊園地じゃない。遊園地と同じベクトルで来られても困るところである。彼らは日本文化を理解する下地がないので、門外漢である。

 日本人が教育を受けてなくて禅寺を理解できず暴れたりするのは門外漢というより、いかれたやつという感じがするけれど、外国人はそれとの比較でいえば門外漢である。


相国寺門外漢の鼻が見え



 再び御所へ戻ってまた疲れたので、人の来ないようなところ、松の木の根元で寝た。今度は少し本当に眠った。




posted by superbird at 02:41Comment(0)

『けっきょく京都は都会なのだ』(190219)

 業務スーパー(三条川原町)へ買い物に行った。ホテルから出てすぐなので、かっぱ寿司とあわせていつも利用する。

190219kyoutokaimono.jpg



 京都にもある業務スーパーだけれど、名古屋とちがうのは、値段の安さと商品を入れてくれる買い物の袋の丈夫さ、そして店員の人当たりのよさである。

「なにこれ?」

 名古屋の買い物のあの袋は、印刷は同じだけれど、あまりにも薄くてすぐにやぶれてしまう。同じお店とは思えない。

 値段もちがうのが不思議、まあ場所がちがえば物の値段がちがうのは当たり前かもしれないけれど、京都が安くて名古屋が高いということである。これは名古屋が暮らしにくいということではなかろうか?

 店を出る時、
「京都に住みたいな」と思った。

 名古屋ではお店で買い物をしても程度の差こそあれ、比較してお客さんという雰囲気がないといえる。けっきょく京都は都会なのだ。

 都会ということは買い物袋も丈夫で使いやすく、値段もぼったくらず、そもそもそうしたことがどこから来るかといえば、人間の質がいい、文化・教育レベルが高いからということだろう。


買物を終えて京都のよさを知り


 持ち帰ったかっぱ寿司のねたのサイズも名古屋とちがって小さいなりにも大きい。かっぱ寿司は京都で食べるにかぎる。

 ホテルでかっぱ寿司を食べ、朝ホテルでもらった野菜ジュース、ジャガイモを電子レンジでふかし、納豆2パックともどもすべてをカレーに混ぜ、ニシンも入れた。カレーは2パック。

 今朝の弁当の白米をすこしだけ、食後にきのうやはり業務スーパーで買ってきたクルミを食べ、紅茶を飲んで満足の晩ご飯だった。

 野菜ジュースを入れたカレーがこんなにおいしいとは思わなかった。などとクルミをかじるように噛み砕いて食べて思うのだった。


晩ご飯食べて京都をジョッギングし


posted by superbird at 00:00Comment(0)

『久しぶりに旅行にでかける』(190218)

 夏以降歯の調子を気にしていてどこにもいけなかった。ようやく京都へ行く日が来た。

 名神多賀SAで10分休憩。

 きょうも見えている雪の残った山。

190218meisintaga-yukiyama.jpg

 休憩のあとは、司馬遼太郎の大盗禅師という歴史小説を読んでいく。幻想歴史小説というものらしい。

 仏典の類を読まずにいくのは珍しいけれど、明の仙人がでてきたり、日本の歴史に弱いので、意外に面白く、あっという間にバスは京都に着いてしまうのだ。

 小説の中というのはこれは理不尽のオンパレードだけれど、目の前の現実も、考えてみれば同じだな。

 昨年の12月、京都深草のバス停は廃止しました、とホームページにあったのに、今も書いてあるのに、ちゃんと駅バス停はあって、お客さんが降りていった。

 こういうことがさいきんやたら多い。

 小説との比較でいえば、つまり日本社会は現実と夢の世界の区別がつかなくなっている。これはいわゆる発狂しているということである。

 目の前の現実世界を真剣に生きていないと、こういうことになり、精神に破綻を来たす。夢の世界につかまって、現実世界を生きることができなくなるのだ。

 こういうのを精神病という。何かをきっかけに現実世界に戻れなくなってしまうからである。

 こういう社会とは一線をかくして生きていくのが無難ではあるけれど、現実はなかなかね、そうはいかないところが、人間というもので、生きるということは寄る辺ないもので、ゆえにそこここに、幸福が遍在しているのであろう。

 四条烏丸から四条河原まで歩く。

 月がホテルのまえに昇っている。

190218hoteruninobottatuki.jpg





 はてさて世界というものは「狂っている」といわれれば言い訳をするものである。ホテルの部屋で新聞をひろげると、片隅に小さく横浜国大の行ったインフラなどへのサイバー攻撃を調べる実験の記事があった。

 昨年10~12月の3ヶ月間(水道、電力、航空など30のインフラ施設を見立てた仮想遠隔制御システムを構築しサイバー攻撃の有無を確認する実験というものを行うと)システムの数値を改ざんしたりシステムを改ざんして停止に追い込むなどのサイバー攻撃を12回受けたという。

 もしそうなら、名鉄やJRなどの(陸運のインフラ施設の一つである)ホームページもサイバー攻撃を受けて改ざんされてしまったということも可能性としてはあるわけだ。

 え~っ?

 HPで2018年12月に廃止とうたっておりながら、現に2019年の2月18日のきょう、深草のバス停が存続しバスが停車し、人が降りていくという矛盾は、HPが改ざんされたことに気づかない関係者の無知というか、気づいても修正しないですます近ごろよくあるサボリというか、
「べつに矛盾していても平気さ!」みたいないい加減さが、存在するにしても、一歩退いてこうしてながめてみれば、(サイバー攻撃を含めた)この世界は正常ということもできるのだ。



月が出て新聞読めば頓悟かな




posted by superbird at 16:02Comment(0)

『一宮へ行く』(190123)

 名古屋駅から名鉄に乗って一宮、駅前から歩いて真清田神社へお参り。

190123masumidajinja1.jpg



190123masumidajinja2.jpg


 おみくじは吉だった。

 歯が悪いので、病気の項目を確認。
「神と医師への信心第一」とある。

 歌。

玉ちはうかみのめぐみの風うけて

もえ出でにけりのべの若草


190123masumidajinja3.jpg


 御神水が湧き出ている。これもまた病気には効果があるようだ。

190123masumidajinja4.jpg


 大江川という灌漑用の水路みたいな川を行く。

190123ooegawa1.jpg



 歯医者さんへ寄って、治療は何もせず、話を聞いてUターン。

 再び大江川沿いを歩いて帰る。

190123ooegawa2-1.jpg


 ここは緑が多いけれどいまは冬で枯れ木である。
 
190123ooegawa2.jpg


 帰りに再び真清田神社に参拝。

 おみくじを引く。
 16番、末吉。

 歌。

のどけしと見えしうなばらかぜたちて

小船危きおきつしらなみ



 病の項目を読むと、
「信心第一なおる」とあるので安心。「なおる」

御仏に神もたよれば信仰の

神仏習合の日本の心



 明治維新以前の日本は、そもそも1000年以上も神仏習合であったのだ。


 駅まで歩いて再び名鉄に乗って名古屋を目指した。時間が通勤電車になっていたけれど、歯のことが頭に一杯で沈思熟考状態で、乗客もわたしにはかまわない。

 いつもとはまったく逆である。

 悩みのある人間には人は関わらないものである。悩みのある人間を避けるのが人間ということか。

 名古屋駅について電動歯ブラシがあるかなと、ヤマダ電機に寄ると、広告の品というのがたった500円で売っていた。


電動歯ブラシ心ときめく出会いかな


 これを買おうと決心。



posted by superbird at 00:00Comment(0)

『日本の大地が豊かであることを生かしていないのかなと』(180827)

 いつもより多少早めに散歩に出かけた。

 出かける時は魅力のなかった青空も帰りにはそれなりに魅力的な空になっていた。

180827sanposora.jpg


 用があって一宮まで来た。名鉄で16分くらいだった。特急はすいていた。快適だった。

 外を歩くと暑くて。すれ違う人の顔はきつそうだった。

 真清田神社が見えたので寄ってきた。

 参拝。ここはいいところである。

180828itinomiyajinjha.jpg


 おみくじは小吉だった。まあまあかなと。

 外を歩いていくと桃らしい街路樹が並んでいる。

180827itinomiyagairoju.jpg


 豊橋には柑橘類の実のなる街路樹があるけれど、
「桃というのはすごいな」と思った。

 害虫もつかずにたくさん実っている。
 街路樹を見れば日本の豊かさが分かるということだろうか。


有難き日本の国の豊かさを

忘れさすかな都会の暮らし





posted by superbird at 01:11Comment(0)