『昼の散歩』(200213)

 きょうは成人の日で、いつも成人の日は寒くなるように、やはり今日もきのうまでと比べて冷える。

200113sapoyukisora1.jpg



200113sanpoyukisora.jpg


 散歩道にあった橙色の木の実。

200113sanpoyukinomi3.jpg



木の実には自由の空がよく似合い


posted by superbird at 00:00Comment(0)散歩

『物質化が進んで暮らしは便利になったような、そうでないような』(200111)

 物質化が進んで暮らしは便利になったような、そうでないような。さいきん便利というより物に対して腹が立つことが多い気がする。ところで物とは石ころだろうか。そういう面もあるけれど、物は人間が作っているんだな。

 人間は何か。昨今の人間に心はあるだろうか?

 昔は物を大切にということが当たり前だった。しかし今はいつの間にかちがってきてしまっている。

 日本人は物にも心があるかのように扱ってきたのだ。しかしこのごろのネットにつながった物や機械やらは、その例としても、あるいはそこらへんの喋るエレベーターにしても、人間にとって何が便利なのか、わからないような物が多すぎるのだ。



物質化が進んで人が物になり

物が人を馬鹿にするようになった


posted by superbird at 01:32Comment(0)暮らし

『やはり暖冬かなと』(200111)

 ベランダのジャスミンにまた新芽が出てきた。

200111berandajusminsinnmeka.jpg


 少し前(もう昨年の冬?)にも一度こういうことがあったけれど、いつの間にかなくなっていて、また新芽が出ていた。


暖冬か異常気象かジャスミンの

新芽は吹けば枯れてまた吹き



『散歩の空』(200110金曜日)

 雪をかぶった御嶽山を見ていく。

200110ontakesora.jpg


 散歩の空。

200110sanpoyukinosora.jpg


200110sanposora.jpg


 散歩の休憩は、ときおりこころせわしく、世のお金にかかわるあれやこれやの忙しさがあった。

 それらを忘れてほっとする。


 散歩帰りの空。

200110sanpokaerisora.jpg




posted by superbird at 00:00Comment(0)散歩

『きょうは丸亀製麺に天丼を食べに行く』(200106)

 体調が悪くないし、ちょうどいい頃合いの時間だったので、優待券を使って丸亀製麺に行く。

200106marugametendon.jpg


 かき揚げばかりである。野菜と小エビとかいうもので、あととろろと生卵とふつうのごはんで540円だった。

 キャッシュ40円を払い、天つゆとかねぎ(少ししかなかった)とか、ゴマやしょうがを取って、席を探す。店に入ったころから目をやって探しているわけだけれど、ようやく妥協できる席を決めてそろりそろりとお盆を手に着席。

 旨いとしかいいようがない。


人を避け天丼食べる旨さかな



続きを読む

posted by superbird at 23:00Comment(0)暮らし

『きょうの散歩は御嶽山を見ていく』(200106)

 雪が増えたような御嶽山。

200106asasanpoontakesan.jpg


 散歩帰りの小道、クスノキの続く道に来ると突然のように、さえずる鳥たちがやってきた。

200106sanpokaerinotori1.jpg


 どうやらこれは、(あとで調べたのだけれど)シジュウカラのようだった。

200106sanpokaerinotori2.jpg


 ものすごくたくさんの鳥(シジュウカラ)たちがはしゃぎまわっている。


幸せにさえずきたる四十雀



posted by superbird at 01:24Comment(0)散歩

『散歩の空』(200105)

 空を見ていく。

200105sanpoyukinosora.jpg


 なんかすごいものがあるなと。

200105sanpoyukinosora2.jpg


 散歩帰りの空。

200105sanpokaerinosora.jpg






posted by superbird at 23:00Comment(0)散歩