『通勤の帰り道に前から気になっていたサンタのオブジェに挨拶をしていく』(191202)

2019/12/02 21:24
 今日の帰りのバスで、途中乗ってきた高齢のといっても七十代くらいの男性は、病気持ちも甚だしく、どうしてこんな時間にわざわざバスに乗ってくるのか。お前はもう死にそうなほどになっているのだぞ。ほかの席がいっぱい空いていたのにどうしてわたしの隣に座るのか?  すでに寿命が尽きるときがそう遠くないというのに、ここで悪いカルマを積んで来世の悪趣を引き寄せているのだぞ。  人間は病人のそばには近寄らないけれど、健康な人のそばなら何をしても寄り添ってくる傾向がある。特に病気の人..

続きを読む

『通勤電車は座っているときも安心はできないかな』(191111投稿は13日)

2019/11/12 00:00
 家に帰って靴を脱いだら、靴に何かしらの汚物がたくさんついていた。靴下にもそれはしみていた。靴下を脱いだら、足にも若干ついていた。 「どこでついたんだ?」とじっと考えて、「どうやら地下鉄内で論文を読んでいたとき誰かがかけていったんだ!」と気づいた。  真剣に読んでいたので、気にもしなかったけれど、足に何か来た瞬間の記憶があるのだ。  においをかいでみると、若干の甘みを感じた。しかしそれは痰のようにてかてかしている。  それにしても働いている人には終わっ..

続きを読む

『きょうもてんとう虫はいた』(191030)

2019/10/30 21:28
 いつものように名鉄を降り、買い物(キャベツ一個85円)をして、まっすぐ歩いていくと、 「きょうもいる」  おとついと同じ場所に、てんとう虫たちはいるのだった。  きょうもまた一組頑張っている。 神無月かんなづき健気に生きる天道虫     [追記] 「なぜこんな半分枯れたような一二本の雑草に生活の基盤を置いているのか」というと、気づいたのは、「学校前にあったひと夏雑草の伸び放題だったとても広い敷地が、きれいに刈られてしまったから..

続きを読む

『きょうは仕事だけれど始めはのんびり後は』(190930)

2019/10/01 19:41
 散歩の空。  大きなきのこ。端のほうが少しかじられている。  シジミ蝶が一匹。静かに花にとまっているように見えるけれど、小さなハエが盛んに邪魔をしていた。  ようやくハエが去って鎮まったところ。  散歩帰りの空。  きょうは仕事なのだ。時間を見るとけっこう差し迫っていた。時間が早い。ご飯を作って風呂にも入り、朝ご飯を食べ、いつしか必死に時間と戦っている。最後はご飯を食べながら着替えをし、出勤の準備になった。 ..

続きを読む

『団地暮らしの苦労』(190925)

2019/09/26 01:02
 外国人はたしかに増えて不都合なことがままあるけれど、日本人も負けず劣らず悪人化しているといえる。挨拶をしてもまったく挨拶をしない人が増えたということの一つをとっても、表に出ないけれど、潜在的な悪を見て取れるだろう。団地の雰囲気が急激に悪くなったこの二年くらいだろうか。  また若者は若者でバイクの騒音をまき散らしたり、平気で高校生が団地内でタバコをすったり、いまもむかしも景気がいいときによく見られるそれは共通しているけれど、むかしとちがって単独犯が増えた。  団地..

続きを読む

『これが日本社会名古屋暮らしでの現実なのだ』(190904)

2019/09/05 01:06
 きょうは嫌ことがあったといえる。夜、気功していて、三つばかり気になったことがあったということもできる。  きょうはマックへ行った。久しぶりに行ったのだ。実はきのうネットカフェの帰り、マックの様子はどうかなと下見に行って、店内の様子を伺って帰ってきた。そのときがらがらだったので、マックも変わったな、学生さんもいないし、仕事帰りのサラリーマンが二人、パソコンにへばりついて何か懸命に残業をしていた。目立つのはそのくらいだったので、きょうはじっくり新聞を読んだりしながらコーヒ..

続きを読む

もっと見る