『土地探し家探しする大津かな(疲れたといえる)』(200122)

2020/01/23 00:52
 きょうは琵琶湖の向こうのほうまで出かけなければならない。  散歩も忙しい。  散歩の休憩は、のんびりするとカラスが邪魔しにくる。のんびりリラックスすると邪魔しにやってくる。そうそうに引き上げる。忙しさは仕事の時並みである。  高速バスに乗って名古屋駅を目指す。  バスを降り、歩いていくと、JR名古屋駅の方へのビルとの境目にハトたちがいた。ハトたちはたくさん、盛んに何か食べていた。こんなところで何か食べ物を撒いていく人がいるのだ。へ..

続きを読む

『きょうはきょうで特徴があるといえる』(200118土曜日)』

2020/01/19 01:49
 きのうは遊ぶ人が多かった。きょうは、晩ご飯の買い物の時だけれど、衝撃的だったのは、わたしより十か二十くらいも若いのに極端に肌が病んで老け込んでいる人にやたら出会うのだった。 この頃は無知で身勝手を積み重ね 老け込む若きらに出会うなり   {追記}    そもそも団塊ジュニア世代というのは、働き盛りの結果というのかどうか、むかしにはいなかったような、老けた人が多い気がする。自分の健康とかにむとんちゃくというか、女性でも「わたし鏡を見ない」と平然と自慢す..

続きを読む

『昔と今はちがうとはいえ』(200113)

2020/01/14 01:19
土地探し家探しする冬休み   {追記}  世間はどうあれ、わたしは引退したいという思いが先立ってしまう。  よく考えると、 「社会との接点をいままでどおり働いて保ちつつ、社会に恩返しをするほうがいいのでは」という思いもあるけれど、住環境、社会の環境の悪化を考えると、たしかに「もう引退だな」という結論も出てくる。  新聞を見たら、どうやらみんな、 「70過ぎても働きたい」といっているようだ。  これはわたしの祖父の時代、50歳く..

続きを読む

『正月の二日三日は穏やかだったな』(200104)

2020/01/05 00:00
 四日は、きのうまでに来た年賀状を見て、あちこちに電話した。大学時代の友達は名古屋で葬式があるとかで、留守といってよかった。実家はすぐに通じたけれど、向うが元旦に出した私宛の賀状がきのうの三日に着いたのに、さくねんの三十日に出したこっちのが着いてないというので、 「ええっ!?」という感じで驚いた。  きょうはふつうに散歩に行って、ふつうに食事をして昼寝をして、カボチャとかを買いに行った。カカオ85%のチョコレート、糸こんにゃくも買った。  実は、「三日の夜実家へ帰っ..

続きを読む

『元旦といってもそういう雰囲気じゃない』(令和二年2020年1月1日の諦めか)

2020/01/02 00:00
 さいきんしばしば口をつく言葉。 おかしいなおかしいんだっておかしいな  夕方ころだろうか、食事(ブランチ)の後、ふと、 「この国は移民の国なんだ」と思った。  背中がなぜか軽くなるのだった。  いままではこの国はこうだったという、世界の中での自分の立ち位置みたいなものがあったのだろう。それがまったくちがってきてしまっているのだ。 日本は移民の国になったと思う 背中がほっとやすらいでいる  いままでもしばしば..

続きを読む

もっと見る