『通勤の帰り道に前から気になっていたサンタのオブジェに挨拶をしていく』(191202)

2019/12/02 21:24
 今日の帰りのバスで、途中乗ってきた高齢のといっても七十代くらいの男性は、病気持ちも甚だしく、どうしてこんな時間にわざわざバスに乗ってくるのか。お前はもう死にそうなほどになっているのだぞ。ほかの席がいっぱい空いていたのにどうしてわたしの隣に座るのか?  すでに寿命が尽きるときがそう遠くないというのに、ここで悪いカルマを積んで来世の悪趣を引き寄せているのだぞ。  人間は病人のそばには近寄らないけれど、健康な人のそばなら何をしても寄り添ってくる傾向がある。特に病気の人..

続きを読む

『マイナス金利の深堀は明らかに社会を崩壊させるけれどベーシックインカムもまた同じ側面を持っている』(1911月中旬過ぎから1201)

2019/12/01 21:11
異次元マイナス金利が普通なら ベーシックインカムもやっていいかなと  社会の安定と経済発展を天秤にかければ。マイナス金利によって強引に力づくで経済を発展させても、健康的で持続可能な社会はありえないもので、それならば、怠惰で不勉強でゆえに悪いことを平気でするような人が増えて、今以上に知性のない治安の悪い国に成り下がっても、暴動やテロなどを最小限にとどめるため、すなわち社会の安定のためにはベーシックインカムも必要不可欠になってくるだろう。  ..

続きを読む

『古本を見ていて世間とは別の世界を見つける楽しみ』(191129)

2019/11/30 00:53
 きょう晩ご飯の買い物に行ってブックオフに寄った。仕事の通勤もそうだけれど、日々の暮らしもストレスだらけなので、気晴らしを兼ねてつい寄ってしまうのだ。  岩波文庫とか講談社学術文庫とか、ながめて、気になる作家や先生たちの欄を見ていて、そのうち『神さまとのおしゃべり』という本があって、手に取ってちらりと見た。 「人間は幸せにはなれない。なぜなら人間が幸せだからじゃ」 「ハハッ(それはある)」と笑った。 「人間はそもそも誰もが仏性を宿し、ただそ..

続きを読む

『通勤電車は座っているときも安心はできないかな』(191111投稿は13日)

2019/11/12 00:00
 家に帰って靴を脱いだら、靴に何かしらの汚物がたくさんついていた。靴下にもそれはしみていた。靴下を脱いだら、足にも若干ついていた。 「どこでついたんだ?」とじっと考えて、「どうやら地下鉄内で論文を読んでいたとき誰かがかけていったんだ!」と気づいた。  真剣に読んでいたので、気にもしなかったけれど、足に何か来た瞬間の記憶があるのだ。  においをかいでみると、若干の甘みを感じた。しかしそれは痰のようにてかてかしている。  それにしても働いている人には終わっ..

続きを読む

『夜のベッドで(さいきん自分好みの本が多い)』(191028)

2019/10/29 11:05
 ブックオフで110円だったので買ってきた(きのう)。菜根譚(講談社学術文庫)。  立ち読みしたとき、 「赤の他人より身内のほうが嫉妬やねたみを抱くものである」と書いてあった。 「そういうことか!」と妙に納得した。  本棚から夜のベッドに菜根譚を持ち込んだ。 ちらちらと菜根譚さいこんたんを読んでみる

続きを読む

『人は皆苦労しているのである』(191025)

2019/10/25 19:54
社会には爾来じらい茲ここに幾星霜いくせいそうの 苦労を重ねた皆が居り 注:ごく簡単に漢文の意味を書くと、「爾来」はそれ以来、「幾星霜」は(苦労を経験した上での)長い年月。

続きを読む

もっと見る