『いろんな人の文章を読むと人生後半には苦難がのしかかってくる気がする』(200628)

2020/06/29 01:50
 散歩に行く。  きょうはやはり夜じゅうそして朝までも下の人の洗濯の音で悩まされつつ寝床にいた。ストレスでかみしめたので、歯の調子も悪くなっている。  まずは散歩に行って人のいないところで休憩する予定。  もっと早く家を出た方がいいけれど、気力がない。  虫がいて、木くずを出してたたずんでいる。木は枯れ木である。  予定どおりひたすら休憩した。寝る。一時間弱くらいも休憩したろうか、うるさいカラスも気にせず、蚊には刺されないよう..

続きを読む

『いろいろやれば生きているという実感から幸せになれるものであるけれど』(200513)

2020/05/14 02:01
 きょうは風が強い。こういう日は人によっては体が悲鳴を発する。人間はイラつきがちだ。  あえて自転車で夜道を遠回りしていって、GEOに寄り、スーパーまでへ行き、早足で買い物をすませ、公園でふと振り返る。 買物の後に感謝の珈琲が  昼といい夜といい仕事をし、こうしてようやく休憩のときがおとずれる。手に缶コーヒーを、かばんから新聞を取り出し、ベンチに座れば、感謝の言葉がこぼれる。 「どうもありがとうございます」 新聞を広げて夜の静けさが ..

続きを読む

『休みとはいえ仕事をしないと不安になること』(200502)

2020/05/02 08:00
 きょうは朝起きると、まずに気になっていた遠隔授業のやり方を確認する作業に取り掛かった。TEAMSというソフトを使うらしいのだけれど、どうやってインして使うのか、まだよくわからにのだ。  学校からIDやアカウントやパスワードが送られてきているのかそうでないのかも暗中模索である。メールとか、あるいはそこに添付されているファイルのどこかにあるのか、それともチーフにメールできいたら「郵送されてくるはずです」という言葉を信じて待っていればいいのか、教務から送られてきたメールには..

続きを読む

『臨済録を読めば(示衆より)』(200403ころの夜のベッドで)

2020/04/04 00:00
 臨済に臨済いわく菩提を問えば。  菩提に実体はなく得る者はなし  心は転変そのままに  憂いも喜びも生じることはなし 注:これがわかった者は、 「菩提の境地を体現している」といえる。  なお、菩提とは、 「仏の悟りの境地」である。 参考、岩波文庫『臨済録』p105あたり。

続きを読む

『神さまにお助け願いたい暮らし』(200325)

2020/03/26 01:43
 きのうの夜、気功をしていて、時間がせっぱつまって忙しかったので、急いでやっていたら、気合が入って知らぬ間に歯をかみしめていて、きょう、散歩帰りのころから右上の奥歯が痛くなってしまった。  気功というものはリラックスして時間の余裕をもってやらないとだめである。わかっていてもつい時間に追われて忘れてしまうことがある。歯も疲労骨折とか、積み重なった筋肉痛とか、金属疲労でもろくなるのと同じで、長年こういうことを続けていると取り返しのつかないことになってしまう。  返す返..

続きを読む

もっと見る