『いろんな人の文章を読むと人生後半には苦難がのしかかってくる気がする』(200628)

2020/06/29 01:50
 散歩に行く。  きょうはやはり夜じゅうそして朝までも下の人の洗濯の音で悩まされつつ寝床にいた。ストレスでかみしめたので、歯の調子も悪くなっている。  まずは散歩に行って人のいないところで休憩する予定。  もっと早く家を出た方がいいけれど、気力がない。  虫がいて、木くずを出してたたずんでいる。木は枯れ木である。  予定どおりひたすら休憩した。寝る。一時間弱くらいも休憩したろうか、うるさいカラスも気にせず、蚊には刺されないよう..

続きを読む

『日曜の夜が意外に静かなのは』(200524)

2020/05/25 02:58
 きょうも晩ご飯の買い物を終えて公園で休憩。  梅酒を漬けなければならないので梅(中)を2Kg買った。1Kgのを二袋である。アルコールも買った。氷砂糖も買った。それに加えて晩のおかずのアジのフライも買った。生のいい魚がないので仕方なかった。  自転車に乗って帰るのもしんどいものがある。二三日分の新聞をかばんに入れて移動しているので、その重さもまたこたえる。公園で顔を洗って、おもむろに軽く狭い園内を走ってみたりして、体調を取り戻し、ようやく一息。新聞を取り出しながら..

続きを読む

『いつもの散歩』(200221)

2020/02/22 21:17
 きょうは暖かいので、案の定人が多い。  離れたところにたくさん人が来ているけれど、近くにはいないので、セキレイは逃げないで、むしろ寄ってくる。  カメラを向けてこの瞬間を楽しむ。  休憩で見上げる緑。  散歩帰りの空。

続きを読む

『人生は季節に沿って甦る』(200217これは詩です)

2020/02/18 00:52
『人生は季節に沿って甦る』  一日の終わりにぼくは公園ですごす。  季節風が頬を撫でるように吹きすぎていく。  人生は季節と共によみがえる。  坂道を自転車を押して登っていく。  季節は日々巡っている。  人生は走馬灯のように過ぎ去っていく。

続きを読む

もっと見る