『きょうの散歩は暑かった』(200605)

2020/06/05 21:15
 散歩に行く。空を見るとこれは暑くなりそう。  キクラゲを少し採取してさらに歩いていく。  なにしろきょうは人がいない。暑くなるときは新型コロナで云々というときよりも明らかに人が来ないのだ。(名古屋の最高気温の予想は32度)  人のいない道にはこういうものがよくある。クモ(?)の糸から釣り下がった何かの葉っぱ。でもこれは珍しい葉なので写真に撮っておく。    休憩していると薄曇りでもものすごく暑い。人が来ないだけのことはある。  き..

続きを読む

『ベランダの小さな喜び』(200502)

2020/05/02 20:44
 きょうは急に暑くなった。昼近くになってベランダに出たらランが咲いていた。多肉植物の花もあちこち咲いていた。  二日続けて急に気温が上昇したので、反応したのだ。きのうは夏日、きょうは真夏日。 突然に夏日真夏日ランが咲き  ジャスミンも昨年から今年にかけてほとんど面倒を見てやれなかったのに、けなげにもたくましく花を咲かせんとしている。 注:きのうは何と「28.4℃!」も驚き、きょうは真夏日、「30.8℃!」 ..

続きを読む

『きょうの散歩も穏やかだった』(200416)

2020/04/17 02:08
 木々の新緑が急に目立つようになった。  休憩の空を見るけれど、そこはもちろん木々の傘の下なのだ。  散歩帰りにも濃くなった新緑の木々を遠くに見ていく。  いくつもの雑草の花、そしてカラスノエンドウの花も見ていく。 穏やかな平和な春を知る幸せ

続きを読む

『穏やかな花がある道』(200411)

2020/04/12 01:01
 近くの団地のいっかくは、土地が肥えているのか、雑草の育ちがすごい。タンポポもそうだけれど、カラスノエンドウもすくすくと育って、うらやましいほどである。  そのよこで咲く別の小さな花。  いつものように道端ではスミレが咲いている。スミレの咲いている道は一転して荒れた道である。スミレはもうすぐ終わる。 穏やかにすくすく育つ烏野豌豆 世を忍び耐えて足元で咲く菫

続きを読む

『シジュウカラは春を軽やかに楽しみ小さな天使のように』(200323)

2020/03/24 01:17
 散歩に行く。  朝起きて、ニュースなどで、この世のあれやこれやを見て、自分のやるべきことをいろいろ考えて、いまできることはすませて、散歩に出かける。  春休みだというのに、とにかく忙しいといえる。目の前には(スマホの乗り換えとかお絵かきとか‥‥)やるべきこと(注)がまるで山のようにある。  人のいない散歩道を行くと、久しぶりでなつかしさをおぼえるシジュウカラの鳴き声が聞こえる。 「あれは警戒のか、いやそうではない」  わたし..

続きを読む

もっと見る