『きょうの空』(190811)

2019/08/11 19:07
 散歩帰りの空(東)。  外出しようとして諦めた空。ゆうちょ銀行のATMがきょうは5時でおしまいなのだ。  母親への還暦(だったか?)のプレゼントを吟味しながらサギみたいなHPに嫌気がさしたりしながら、それでも汗をかきながら、蒸し風呂みたいな暑さに耐えつつ、一時間くらいもかかったろうか、クレジットの番号を入れて、ようやく着替えて外出して空を見て、 「だめだな」と、自分のショウガとかクルミの買い物へ行く予定が狂ってしまったのだ。  よくこうなるけれど..

続きを読む

『散歩で休憩』(190721)

2019/07/21 18:19
 今年は蚊が多い。休憩する屋根のあるところはめちゃくちゃに蚊が多い。近くに木や草を刈ったごみを捨てているので、そこから来るんじゃないかと思う。  蚊に刺されないように服を整えて、休憩である。  休憩して、ふと見ると、カタツムリがすごいことになっていた。 人工の柱の節の渦巻うずまきを 頼りに慕う蝸牛カタツムリかな 年輪を夢見て雨後の蝸牛カタツムリ

続きを読む

『日本の徳が失われて気づく人の没落』(190706)

2019/07/06 23:43
買物は地獄の人に出会うかな  宗教家やそして科学者たちが、 「人間は滅びる」とか、「この文明はいずれ破綻する」とか、 「人類は滅亡する」とか、預言、あるいは予言のように主張する。  それはきっと人間が地獄にいて、犯罪予備軍だからである。 天国は一人静かに現れり

続きを読む

『さっこんの事件を見て』(190622)

2019/06/24 01:56
 他人の迷惑を無視する社会の中で傷つく人たちが、自分を見失ったときに目覚めるのは、他者へ向けて「死ね」という感情である。目覚める感情は自分ではなく、悪魔であったり神であったりする。  アメリカはどうだろうか。銃による大量無差別殺人がしばしば日本でも報道されているけれど。 注:例えば、2019年6月17日の 大阪府吹田市の拳銃強奪事件。「私のやったことではありません」と逮捕された男がいっているのは正しい。

続きを読む

『天の言葉は鳥に託される』(190427)

2019/04/28 00:13
天国の鳥は囀る一羽かな  天の言葉は鳥に託される。  天の言葉を翼に載せて鳥はやってくる。  唯一羽天地の中で鳥はさえずっている。 天国の鳥は囀り唯一羽 遮るなかれ鳥の囀り

続きを読む

もっと見る