『きょうの散歩帰りに気づいたことから』(200316)

2020/03/16 17:31
 気功していても、人は世界が平和に包まれるとそのたびに、遠くにいる人がそれを破壊する。散歩帰りも、あるいはただ歩いていても、人は平和が近づくとそれを破壊するようになっている。  考えてみれば、この社会のさまざまが平和を破壊し、戦争もなくならないのも、人のもともとの心のありようがそういうふうになっているからではないのか。  人は生きていくためにとかいうけれど、なるほど人は生きるためにさまざまなことをしなくてはならないけれど、だからといって平和な世界があえてそこにあっ..

続きを読む

『平和な夜の食事』(191102)

2019/11/03 03:51
 きょうは何もなくて平和な一日だなと、映画を見ていて、その合間に思った。ところがよく考えたら何もなかったんじゃなくて、いろいろあってそれをすませたので、いま何もなかったなという感覚になっていたのだった。  けっこうこれはいいことである。  少し前、大学の研究室の教授に自著を贈ったらありがたいことにきょうその返事が来て、とても恐縮し、畏まって封を開けた。そこにはわたしの著書のまちがいなどが三ヶ所くらい指摘してあり、 「さっそく原稿を書き直さなければな」と思った。緩..

続きを読む

『昼寝前の散歩はとても爽やかだった』(191022)

2019/10/22 19:09
 きょうは急激に晴れた。即位の礼(即位礼正殿の儀)がとりおこなわれ、東京は雨かなと思ったけれど、案の定雨が降っていた。ところが意外にも、最後(陛下のおことばで)は急激に晴れたようだった。  きょうの空。

続きを読む

『いつものように業務スーパーまで走って行った』(190824)

2019/08/24 19:41
 きょうは昼ご飯のあとすぐ買い物に行った。昼寝前に買い物をすませ、昼寝をして、趣味のことなどをしようという計画だった。  しかし夜中から朝まで洗濯をする下の階の住民が相変わらず不法に洗濯(無届クリーニング所の営業)をし続けているので、夜もよく眠れなかったりするし、昼寝の時も洗濯をして音が響いてくるので、さいきん夏バテの上の内臓の疲れかなとも思う。  しかしきょうの下の階から臭ってきた病的な臭いからすると、下の階の人は洗濯のし過ぎで(わたし以上に)病気になっているん..

続きを読む

もっと見る