『きのうはたくさん雨が降ったけれどきょうは晴れた』(191223)

2019/12/23 15:49
 休憩の木。朝日を受けて輝いて見える。  休憩から、散歩道へ。  きれいに晴れている。  きょうは仕事があるので急ぐ。  今年最後の仕事である。果たして生徒は来るのかなと。  先週、数少ない生徒の一人が、 「来週は来ません!」などと言っていたのだ。 (試験の結果が悪いのと試験のやり方が自分の思い通りに「変更されなかった」ことで拗ねてしまったのだ) 注:試験のやり方は何度も説明してあるのに、早く帰りたい..

続きを読む

『昼寝前の散歩(暑さ涼しさによって盛んになるのは虫だけじゃない)』(190914)

2019/09/14 19:31
 きょうはまた暑くなった。食後の散歩は少し嫌気がさす部分もどこかにあった。暑く感じるのはきのうまでの涼しさだろうか。土曜日(で人が多いのでは?)ということもあるけれど、いっぽうでまあ暑ければ人も少なくなるだろうという希望もあるかなと。  それにしても、外出して気分が悪くなるような人が多くなったのには閉口する部分もある。これじゃあだめだろう。もっといいところに住むべきじゃないか。いままでもさんざん思ってきたことを思い出す。  人が多すぎるのもあるだろう、外国人が多い..

続きを読む

『むかしとはちがう』(190701)

2019/07/02 00:00
仕事は楽しくやらんといかんなと 気づけば笑みがこぼれてくるよ 注:むかしはなにも思わず考えず楽しくやっていた。そういう時もあった。楽しかった時を思い出していまを救済しているのだろう。

続きを読む

『きょうやるべきことはと考えていく』(190617)

2019/06/17 20:33
 さっこん被害者からすれば理不尽ともいえる交通事故が多いので、仕事はまず無事に行って帰ってくることが第一である。  きょうはうっすらと御嶽山が見えている。  通勤の空はまあまあである。  もう前期も半分余り終って、後半戦に入り、生徒も忙しくなってきたせいか、教師を平気でだましたりする事案が急増した。  課題を出していないのに、 「だしました!」と二週連続でいってきた生徒。生徒は二回同じ手を使ったことをおぼえていないかもしれないけれど、..

続きを読む

『慈善行為が悪徳とみなされることもある格差社会』(190511)

2019/05/12 00:47
格差かな慈善行為が悪徳と 人の心に響く悲しみ  フランスのノートルダム寺院が火災にあって再建に向けた寄付が富裕層を中心にして我も我もというように集まった。  いっぽうでそれを見て、 「深刻な貧困・格差問題は放置されているのに寺院再建には富豪から莫大な寄付が集まる」という事実に腹を立て「黄色いベスト」による暴動が過激化したという。 「不平等が拡大する時代に善をなす人々は恵まれた層である。寄付によってそれをアピールする行為は我々を傷つけ怒りを買う..

続きを読む

もっと見る