『学校前の通勤の道』(190425)

2019/04/26 17:59
 足もとの花がなんとなくきれいで見ていく。  そのすぐ先に咲くヒトツバタゴの花は満開だ。 [追記]     この木が「なんじゃもんじゃの木」といわれているのは思い出すけれど、ヒトツバタゴという本名ともいうべき名前はすぐに忘れてしまう。  はじめに見た雑草の名前も知らないのではなく本当は忘れてしまっているのだ。 ペンネームあだ名もあれば思い出す ドクトルマンボウムツゴロウかな 注:それぞれ北杜夫と畑正憲で..

続きを読む

『取り留めのないことを書く』(190421)

2019/04/21 19:28
 先週大学の身分が無期雇用になって書類を受け取った。  書類を出す前は、世間ではいろいろ問題があるようなので、 「これってメリットデメリットは?」などと人に聞いてみたけれど、引っかかるような解答はなかったので、暗中模索ながら書類に判を押して人事に提出しておいた。  きのうの土曜日お袋に電話したとき、ついでにそのことを話した。あとから、 「仕事があったほうが楽しいだら」といわれた。 「そうだね」とわたし、「うちの学生がどんなかとかいろいろ分かってきたから教える..

続きを読む

『きょうは平針まで行った』(190118)

2019/01/19 16:08
 久々にマックへ寄った。  すごく薄くて水っぽいようなコーヒーで、香りだけがそれなりにあって、前とは変わったな。  日経新聞を持っていったので、それを読んだり、来る途中で買った古本(50円の司馬さんの歴史幻想小説というもの)を読んだりもした。 薄味の百円マックの珈琲の 香り楽しみ過ごすひと時

続きを読む

『タイムマシンを買ったシリーズ六作目(欲が深い人)』(181031)

2018/10/31 17:15
 タイムマシンを買ったシリーズ六作目(『欲が深い人』)、まずは仮の表紙で投稿した。 もうすぐ表紙になる画像  きのうバスの中や地下鉄の車内で書いた作品。きのう夜中、家でテキストにし、表紙は学校の授業後。  写真の表紙画像は、どこかのフリーの『サンノゼ』の景色。  この作品の中で、主人公は中国の会社を売り払って、サンノゼでタイムマシンの部品を作る会社を立ち上げる。  理由は、中国とちがい、 「アメリカでは欲が深い人はそれだけ多くの功徳を積..

続きを読む

『タイムマシンを買ったシリーズ2作目の表紙を変更した』(181027)

2018/10/28 01:23
 タイムマシンを買ったシリーズ2作目『サルの惑星』の表紙はもともとESTARにあった画像で、転載とかできないので、フリーの画像を探して作り直した。 サルの惑星  もともとこの小説は、むかし『人里離れた平和な土地』(ブログ)に連載したユーモア掌編SF小説で、たしか削除した作品で、簡単にいうと、 「夢の中でサルの惑星で楽しい思いをするというお話」である。  画像はNASA(WIKIより)Earthrise, taken by William Anders,..

続きを読む

もっと見る