『体内細菌の重要さは人も昆虫も同じである』(180131)

2018/01/31 22:57
 クロカタゾウムシの体は針を通さないほどに硬く、鳥やトカゲなどの天敵に食べられることもないほどである。理由は、産業技術総合研究所によれば、体内に共生する細菌(ナルドネラ菌)の働きのためである。  クロカタゾウムシの幼虫に抗生物質を与えてナルドネラ菌を減らすと、羽化した成虫は外骨格が柔らかくなってしまう。こうなると生存競争にも明らかに不利である。    むやみと細菌類を毛嫌いし、むやみ医者を始め抗生物質を使い、庶民でさえさっこん洗剤などでも抗菌剤をうたった製品(P..

続きを読む

『桑の小枝で休む蛾』(160716)

2016/07/16 21:30
 散歩の帰り道、桑の小枝で休む蛾。目立たぬように。  人を驚かすような蛾もいれば、  こうしてひっそりと生きていく蛾もいる。  こうして世界は喜びあふれたものになっていく。

続きを読む

『きょうの空』(160429)

2016/04/29 18:58
 きょうは強風がすごい。暑いくらいの気温だっただけに、寒いくらいである。  団地の壁に避難するかのようなカミキリムシ。さしずめ寄らば大樹の陰で過ごす。

続きを読む

『技術文明の広がりに思いをはせて』(160131)

2016/01/31 23:54
 京都への道すがら、目にする光景をながめながら思ったこと。   『一匹の虫と一人の人間』(詩)  人間はすごいなあ。  機械、パソコン、自動車なんでもつくってしまう。  だけど一人ではなにもできない、  たくさんの人の集まりで、このすごさは。  人間社会のけっかのことなのだ。  一人なら昆虫のほうが強い。  学校の先生は人間社会の一員として  生徒に人間社会で生きるすべを伝授していく。  すごい人間社会はよりよい人間社会となるように..

続きを読む

もっと見る