『きょうも雨かなと朝起きて散歩の心配をする』(200331)

2020/04/02 01:25
 きょうも小雨が降ったり止んだりしていて、散歩をどうしようかという感じで歩いて行って、けっきょくまた木々の茂った葉っぱの下で休憩する。  人がいないので、ほっとして体操などして休む。 鶯が歌の練習をして居り  きょうもありがたいことにキクラゲを採取して、野草も採って、満ち足りた散歩帰りである。  上下雨合羽を着ているので、家についてそれを脱ぐ。服というのは、合成繊維でできているせいか、脱ぐとまことに気分がやわらぐ。幸せな気分になれる。 雨..

続きを読む

『キクラゲには感動するけれど現実世界の憂鬱もまたそれに勝るとも劣らず重いものがある』(200329)

2020/03/30 01:50
 きょうは起きてすぐ、スマホの中のSDカードを交換しようとしてうまくいかなかったので、散歩が憂鬱だ。なかなか元気が出ない。SDカードの中身はPCではそのまますべてをコピーできず、どうやら特殊なソフトが必要のようなのだ。  きょうは無理だな。  気分転換するべきだと気づいているけれど、途中、予定どおりキクラゲを発見して、しかも驚くほどにいろいろなキクラゲが出てきていて感動するのだけれど、やはりまだ気分は憂鬱だ。  感心しながらキクラゲを採取していく。なにしろた..

続きを読む

『やたらべったり寄り添ってくるのは人がゾンビになっているから(ということもできる)』(200328)

2020/03/29 01:39
 名古屋には文化がないという。  製造業が中心の金儲けの街である。  人々は妖怪に魂を食われて屍である。  文化の魂のない箱モノはいくつもあるように、  人間も魂のない、まるで土埃の集合体で、抜け殻なのだ。 金の世の人がゾンビと化した街 注:これは名古屋だけではなくて、どうやらほかの都市にも増えているようで、 「トナラー」という呼び方があるようである。  ニュースの記事で、 「通勤電車や飲食店の座席が「がら空き」なのに、わ..

続きを読む

『ようやく散歩に行く』(200228)

2020/02/29 02:12
 朝起きて、うがいをしたり歯を磨いたり、同時に洗濯をしたり、ベランダの植木の枝を切ったり、同時にまたネットでニュースを見たり、時間がどんどん過ぎた。  新型コロナウイルスと株価の下落が当座の世間の心配事である。  いつもよりずいぶん起床後時間が過ぎてからの散歩になった。  きれいな御嶽山が見えて気分も変わるといえる。  休憩しようとすると、 「がさごそ、がさごそ」と繰り返し音がする。  見るとこっそり鳥が来ていて枯葉をひっくり返..

続きを読む

『自然の脅威は人間が自然を破壊することの反作用である』(200202)

2020/02/02 21:06
 日本や中国ではコロナウイルスで肺炎になってはいけない、死んではだめだな、という恐怖が蔓延しているけれど、アメリカでは、それどころではない、 「全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフルエンザの脅威」(1月30日CNN)というニュースがある。  新型コロナウイルスの致死率(今2~5%とかいう)だってこれから分母が大きくなってインフルエンザ(0.数%)を下回ることも十分あるわけで、どっちが怖いかという話である。  おそらくインフルエンザのウ..

続きを読む

もっと見る