『きょうはやがて晴れてきのうより人出が多くなった』(200504)

2020/05/05 01:19
 きのう夜雨が降った。きょうはもう昼近くにはやんでいて、楽しみはキクラゲを見つけることといえる。 雨後の道木耳探して行く散歩  木陰で休憩していると当然のように蚊が出てきて人を刺そうとする。  散歩帰りはもう晴れてきた。それでもあんがい人が少なく、人にかかわろうとする人も減ったので、こちらが避けていけば、前のように疲れることのないありがたさである。  月が見える。もう満月が近くなっている。 気功して散歩帰りに月が見え ..

続きを読む

『散歩帰りに月があり』(200402)

2020/04/03 01:23
 散歩の空。  風が強かったけれど、陽だまりにずっといると暑くて、はっきりいってばてる。朝起きてから散歩に出る前の水分摂取は少ないので、危険である。  いまは新型コロナだけれど、熱中症で死ぬ人もかなりいるので、気づいたときは急いで日陰に避難した。  帰り道、道なき道なので、 「キクラゲとかはないかな」と辺りを見ながら歩いていく。  なかなか新規開拓というのはむずかしい。 散歩終え空を仰げば月があり

続きを読む

『崩壊したような人がたしかにいるけれど一割かそこらかなと』(191215深夜)

2019/12/16 02:37
 きょうは風がほぼやんで、まあまあの夜の休憩だった。きのうは北西か北風だった。きょうはなぜか南のほうから風が吹いていた。南だからといってあたたかな風が吹いているわけじゃない。そこはやはり冬の、冷たい風だったけれど、まあまあ過ごせるかなと。  来たときは冬の虫が、「きょうは鳴いている」と口をついたけれど、気功のときはやんでいたような、そして終わったときは比較的元気に鳴いていた。  ベンチを立って月を見上げる。雲が南に流れていく。  耳を澄ますともう虫の声はやん..

続きを読む

もっと見る