『崩壊したような人がたしかにいるけれど一割かそこらかなと』(191215深夜)

2019/12/16 02:37
 きょうは風がほぼやんで、まあまあの夜の休憩だった。きのうは北西か北風だった。きょうはなぜか南のほうから風が吹いていた。南だからといってあたたかな風が吹いているわけじゃない。そこはやはり冬の、冷たい風だったけれど、まあまあ過ごせるかなと。  来たときは冬の虫が、「きょうは鳴いている」と口をついたけれど、気功のときはやんでいたような、そして終わったときは比較的元気に鳴いていた。  ベンチを立って月を見上げる。雲が南に流れていく。  耳を澄ますともう虫の声はやん..

続きを読む

『きょうは休憩していて寒くなった』(191213金)

2019/12/14 01:41
 いつものように一時間ばかり、夜の公園で休憩した。きょうは寒くなった。もちろんというべきか、冬の虫は鳴りを潜め、気功をすると、世界はいつもとちがって静まっていた。この辺も都会になって、なにかとうるさかったりしたのだ。  きょうは寒いので咳も出た。これは風邪なのかなとも思いつつ、実は安かったので、ブックオフで買った衣類がリュックに一つ入っていて、そこからくる抗菌剤のにおいがすごかったこともあるのではないかと疑った。  世界は静まり月は皓々と夜空にあってその世界を照ら..

続きを読む

『幸いにもありがたいことに台風の被害はなかった』(191012土曜日)

2019/10/13 02:50
 きょうは台風が来るというので慎重に行動しようと思っていた。じっさい緊張して朝の散歩に出かけた。かっぱを着ていつものように外出した。交通機関が麻痺しているせいか、ふだん見ないようなひとが時折いるけれど、めったに人のいない道路だった。  いつものように休憩した。さほど雨風も強くなく、まだまだこれからかな、とか思いながら、途中道で栗を大量に発見して、 「わ、すごい」とかいって思わず次々拾った。  栗を拾って気分がよくなって、久しぶりに気分よく休憩した。二時間..

続きを読む

もっと見る