『昼寝前の散歩』(191103投稿は5日)

2019/11/04 01:00
 食事をして、散歩に出る。嫌な人に出会うのがいつも心配である。  久しぶりに月が出ている。これはいい兆しである。  歩いて行って、公園の中を歩こうとしたら、目の先に、野良猫に餌をやるのが楽しみになっているおばあさんがいて、 「これはだめだな」と思って進路変更。  この人はいわゆる意地悪ばあさんなのだ。 (少し前の散歩のとき、一度二度三度と進路を妨害されて「何この人」という感じになっている。) 食事して人を避けてく昼の月 ..

続きを読む

『きょうもてんとう虫はいた』(191030)

2019/10/30 21:28
 いつものように名鉄を降り、買い物(キャベツ一個85円)をして、まっすぐ歩いていくと、 「きょうもいる」  おとついと同じ場所に、てんとう虫たちはいるのだった。  きょうもまた一組頑張っている。 神無月かんなづき健気に生きる天道虫     [追記] 「なぜこんな半分枯れたような一二本の雑草に生活の基盤を置いているのか」というと、気づいたのは、「学校前にあったひと夏雑草の伸び放題だったとても広い敷地が、きれいに刈られてしまったから..

続きを読む

『人間にはますます謙虚さが求められる』(191013)

2019/10/14 00:41
 ある学者さんによると、 「人類にとってもっともおそろしい生き物は蚊である」という。  おそらく身近な生き物で、ということであろう。 「病原体の運び屋でマラリヤテング熱などの感染症を引き起こし、年間七十万人ほどの命を奪う」という。  それでゲノム編集の技術で蚊を撲滅させるというのだ。つまり蚊を絶滅させるという事である。しかしわたしはこういうことをするとバチが当たるんじゃないかと思う。  その人は、 「蚊という種が絶滅しても問題はない」というけれど、それ..

続きを読む

『きょうはまあ運のいい一日だった』(191004)

2019/10/05 01:17
 散歩の空。社会のこと、生きる糧のことなど考えてしまうのである。  休憩の前、桜の木の下の雑草に奇妙な白いものを見つけた。  なにかよく分からないけれど、そっと静かにしておく。  木の葉を食べながら帰る。  散歩帰りの空。部屋に入るすぐ前。  散歩から帰って食事をし、郵便局へ行って、帰ってきて、公園で少しだけ木と戯れて、昼寝する。  部屋に入る前、玄関前の空。  さいきんこちらの方向の空がよくなった。 ..

続きを読む

もっと見る