『修善寺は修禅寺だった』(180322)

2018/03/23 01:37
 きのう気づいた。修善寺はあの辺り全体の地名であって、お寺の名前ではなかった。この記事を書く時、現地の観光案内とかの名前を見て、寺の名前が修善寺だと思い込んでいたのだ。  正式呼称は『福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)』である。福地山修禅寺で通っている。  訪ねた時、境内に縁起が見当たらなかった。ただ思い出せば、 「大同2年(807年)、弘法大師に依って開創」ということはどこかにあった。  きょう調べたら、お寺のHPに、 「(大同2年..

続きを読む

『節分祭をひかえた平安神宮へ行く』(160201)

2016/02/01 21:00
 地下鉄京都市役所駅から岡崎駅で下車、平安神宮へ。  節分祭をひかえた平安神宮、自分ははずかしながらというべきなのだろうか、初詣である。  節分頃に初詣というと、 「変わっているね」とそれとなく揶揄される。  くぐってきた鳥居を振り返る。  見慣れたけれどあいかわらず素敵な境内。なぜか観光客が少ない。  ここ平安神宮はよく来るけれど、これほど人が少ないのは珍しい。中国人観光客が少ないことが理由かなとか思う..

続きを読む

『百年前が息づく東京九段坂のグラビア』(160130)

2016/01/30 18:10
 週刊現代のグラビア 東京の百年前の九段坂 祖父の世界がグラビアに見え 注:母方の祖父は、日大の土木に通っていた。ふと目にしたこのグラビア写真には、惹かれるものがあった。祖父が歩いたであろうこの世界のなつかしさ。 copyright (C)  Hiroyasu Hara. All Rights Reserved

続きを読む

もっと見る