『夜の公園で気功して帰る』(191108)

2019/11/09 03:10
 晩ご飯の買い物は何とかカントカやり過ごし、公園に寄っていく。きょうは風がなかったので、そんなに寒くなかったのだ。  夜の晩ご飯の買い物というのは、たしかに海外と比べれば安全かもしれないけれど、人の質の劣化と徳のなさと、まあ身勝手な人間が目立つことはなはだしく、腹立たしく思うのは、教師家業のサガのようなところもあるけれど、気分が悪くなった自分を抱えるようにして何とかカントカやり過ごしたのだった。  結果だけ見れば自分は運がいい。たとえ他人が無礼でモラルがなくても、..

続きを読む

『人間にはますます謙虚さが求められる』(191013)

2019/10/14 00:41
 ある学者さんによると、 「人類にとってもっともおそろしい生き物は蚊である」という。  おそらく身近な生き物で、ということであろう。 「病原体の運び屋でマラリヤテング熱などの感染症を引き起こし、年間七十万人ほどの命を奪う」という。  それでゲノム編集の技術で蚊を撲滅させるというのだ。つまり蚊を絶滅させるという事である。しかしわたしはこういうことをするとバチが当たるんじゃないかと思う。  その人は、 「蚊という種が絶滅しても問題はない」というけれど、それ..

続きを読む

『幸いにもありがたいことに台風の被害はなかった』(191012土曜日)

2019/10/13 02:50
 きょうは台風が来るというので慎重に行動しようと思っていた。じっさい緊張して朝の散歩に出かけた。かっぱを着ていつものように外出した。交通機関が麻痺しているせいか、ふだん見ないようなひとが時折いるけれど、めったに人のいない道路だった。  いつものように休憩した。さほど雨風も強くなく、まだまだこれからかな、とか思いながら、途中道で栗を大量に発見して、 「わ、すごい」とかいって思わず次々拾った。  栗を拾って気分がよくなって、久しぶりに気分よく休憩した。二時間..

続きを読む

もっと見る