『散歩で休憩しようと思ってふと見ると黄色い蝶々がふつうに舞っている』(191110)

2019/11/11 00:14
 たしかにきょうは陽だまりではかなり暖かい。でも蝶々は陽だまりにたたずんでいたわけではない。跳ねるように飛んでいたので、あっけに取られて、写真を撮るのを忘れてしまった。  いまはもう冬至のはずなのだ。蝶々に比べて人間は弱いといえる。 蝶々は冬でも裸で元気かな

続きを読む

『きょうもてんとう虫はいた』(191030)

2019/10/30 21:28
 いつものように名鉄を降り、買い物(キャベツ一個85円)をして、まっすぐ歩いていくと、 「きょうもいる」  おとついと同じ場所に、てんとう虫たちはいるのだった。  きょうもまた一組頑張っている。 神無月かんなづき健気に生きる天道虫     [追記] 「なぜこんな半分枯れたような一二本の雑草に生活の基盤を置いているのか」というと、気づいたのは、「学校前にあったひと夏雑草の伸び放題だったとても広い敷地が、きれいに刈られてしまったから..

続きを読む

『学校前の道路でてんとう虫が生活している』(191028投稿30日)

2019/10/29 01:53
 名鉄を降りていつものようにまっすぐ学校へ歩いていく。学校前の信号の手前、半ば枯れかけた雑草に、ふと見るとてんとう虫たちがたくさんいるのだ。  中には性の営みにいそしんでいるものもいるのだ。 数多たくさんの天道虫てんとうむしが生きており [追記]   

続きを読む

『人間にはますます謙虚さが求められる』(191013)

2019/10/14 00:41
 ある学者さんによると、 「人類にとってもっともおそろしい生き物は蚊である」という。  おそらく身近な生き物で、ということであろう。 「病原体の運び屋でマラリヤテング熱などの感染症を引き起こし、年間七十万人ほどの命を奪う」という。  それでゲノム編集の技術で蚊を撲滅させるというのだ。つまり蚊を絶滅させるという事である。しかしわたしはこういうことをするとバチが当たるんじゃないかと思う。  その人は、 「蚊という種が絶滅しても問題はない」というけれど、それ..

続きを読む

『イワシやサンマも鯛の仲間になったのかな』(191008)

2019/10/08 23:58
 きょうの新聞で、サンマは前年同期比二倍とかいって、卸値が高級魚の真鯛よりも高いという。 「本当か?!」と思ったけれど、たしかにスーパーで見かける鯛の値段は安いのだ。  イワシやサンマも高級魚かなとはしばしば聞くこのごろだけれど、鯛より高いのだ‥‥。しかしきょうは晩ご飯用に解凍のサンマを一匹77円で買ってきた。 秋の旬鯛より高い秋刀魚食べ [追記20191019]     魚の卸値。2019年10月12日。たしかにサンマは高かった。 ..

続きを読む

『散歩で休憩』(190721)

2019/07/21 18:19
 今年は蚊が多い。休憩する屋根のあるところはめちゃくちゃに蚊が多い。近くに木や草を刈ったごみを捨てているので、そこから来るんじゃないかと思う。  蚊に刺されないように服を整えて、休憩である。  休憩して、ふと見ると、カタツムリがすごいことになっていた。 人工の柱の節の渦巻うずまきを 頼りに慕う蝸牛カタツムリかな 年輪を夢見て雨後の蝸牛カタツムリ

続きを読む

もっと見る