『昼寝前に買い物に行く』(190817)

2019/08/17 18:49
 きょうは暑そうである。走っていても自転車で出かける人はいない。 買物は食後に一つ炎天下  きょうはまた物が高いのに驚いて帰ってきた。暑さと物価の高さが気になる帰り道だった。  一度公園によって背筋を伸ばし、団地に戻ると、珍しく、セキレイが一羽いた。 鶺鴒や暑さ知らずの食事かな  自転車を降りて写真を撮ろうとしたらいやなことが起きた。たった一羽の貴重なセキレイがいるのに、団地内(本来は進入禁止)の軽自動車がそれ..

続きを読む

『台風が近づいたせいかセミが急に元気になること』(190815)

2019/08/15 14:06
 大型台風10号が四国の方から本州を縦断するとかいってニュースではさかんに報道している。新幹線も東京大阪で55本(約50%)の運行、山陽新幹線は運休?  名古屋は強風域に入っているみたいである。窓からの風は強いけれど、台風直撃の時の風よりはまし。ふつうに散歩に出かける。  時折ものすごい音がしたりする。休憩。なんだか台風の気のせいか気功も気が硬くなった。カラスの鳴き声が奇妙である。気にせず気功を続け、耳栓をはずしたら、セミ時雨がすごいことになっていた。世界は蝉時雨..

続きを読む

『法華経を読めばこの世は仏国土』(190814)

2019/08/15 14:00
 法華経方便品を読めば、地上は過去も未来もまるで仏国土。  仏教でよくいわれるのは末法の世という思想(末法思想)である。いまはもちろん「釈迦の死後1,500年(または2,000年)以降の時期」であり、いわゆる「末法の世」といわれる。「仏の教えのみが存在して悟りに入る人がいない時期のこと」である。  ところがしかしながら法華経(方便品)を読めば、(未来において)完全なる悟りに到達した過去からの無数の如来はこの世間を憐れみ、教えを説き、この世の人たちは親しく正しい教え..

続きを読む

『きょうは台風が来るという』(190814)

2019/08/14 18:55
 散歩に行く空。  散歩に行く。疲れている。きのうの夜散歩したとき、いつもより早めだったけれど、多くの団地の窓の明かりは早々と消灯し、ほとんど真っ暗だった。みんな疲れているのだ。  気功しても疲れはいっぱいだ。木の新芽を食べて帰ってくる。  散歩帰りの空。西の空はよく気象衛星で見る台風のもくもくの雲の絵のような台風の雲の端みたいだった。時折風がすごい。写真を写したかったけれど、建物とか電線がいっぱいなのであきらめた。  北の空。 ..

続きを読む

『散歩して気功をして帰ってくる』(190813)

2019/08/13 16:57
 きょうもまた暑かった。帰り道、百合が公園の生け垣の隙間から茎を伸ばして咲いていた。  写真を撮っておこう。見ていると風が吹いて揺れてしまうのだ。 気功して揺れる二輪の百合に会い

続きを読む

もっと見る