『豊橋の天満宮に偶然出会ってお参りするとなつかしい本屋さんにも出会った』(190113)

2019/01/15 19:13
 13日の日曜日、豊橋に帰って歩いていると、偶然天満宮があった。  よく見ると、ここは銭座といって、昔寛永通宝を作っていたという。入り口に教育委員会の作った碑が立っていた。  境内ではロウバイが咲いていた。 蝋梅や思いも寄らず咲いており  二つ鳥居があって、よく分からないつくりだった。  右側のはけっこう人気があるようで、わたしがいる間にも二人か三人お参りに来て、左の天満宮にはお参りしていかなかった。  右側は白山比咩神社で..

続きを読む

『冬休みの幸せということもできる』(181226)

2018/12/27 00:51
 晩ご飯の準備はこのごろしんどいということに気づく。仕事のあるときはそんなことも考える暇もなかったのだ。いまは冬休みになって、徐々に疲れも取れて、しんどさが気になる。幸せなことかもしれない。 溜息をつきつつ晩の準備かな

続きを読む

『晩ご飯の買い物に出かけていく』(181216)

2018/12/17 00:00
 豊橋駅まで買い物に出る。  来るときもそうだったけれど、家の近くの歩道橋が通行止め(塗装ゆえ)で迂回していく。大変な遠回りである。  一言文句を言いたいところである。  横断歩道が近くにないからで、迂回すると今度は歩道がなくて、いわゆる田舎によくある、車と人がともに歩き走るような道で、車は歩行者のことなど一切お構いなしにひっきりなしに走るので、危険極まりないのだ。  むかし名古屋に住み始めたころ、大曽根で庄内川沿いの堤防で人がはねられ即死した場面に出..

続きを読む

『きょうで今週は終わり』(181213)

2018/12/15 00:23
 朝の散歩は、御嶽山が見えた。  学校帰りは図書館に寄って、十分余り、新聞に目を通して急いでバス停を目指した。いつもこうなる。  きょうは外へ出ると、月が見えた。  先週、 「人間は6時間半から7時間半は寝ないと、死のリスクにさらされる」という記事があった。  考えてみたらたしかにそうだなという気がした。人間弱いところが悪くなって死が近づいてくる。特に年を取るほど、無理がきかないというのはそういうことも関係しているのだろうと。 ..

続きを読む

『なるほどそう感じているのは自分だけじゃないと少し安心する』(181205)

2018/12/05 11:49
 けさの日経新聞を読むと、東山動物園の平日にもかかわらず、ゴリラの前には人だかりができていたというお話に触れ、 「自分を大きく見せ、他者を威嚇し、屈服させてしまおうすとする振る舞い。そういう風潮がすっかり定着してしまった。」  という(春秋欄の)最後は嘆き悲しむべき風潮といった文章だった。  常々通勤で(わたしも)実感し嘆き悲しむところだったので、 「自分だけじゃなかったんだ(この社会の)」といった安心感も。  そして、ーー。 「ああこれはトランプ大統領の..

続きを読む

もっと見る