『天国は自然の空気や水がたった一人の世界にあふれ』(190717)

2019/07/17 22:14
 きょうは地下鉄駅でトイレに入ったら、びっくり、大便が散乱していて、使い物にならなかった。「こりゃあ駄目だな」とショックを受けた。(これで立て続けに二回目だな。)  なにせ床はもちろん洗面台にも付けて(?)あったのだ。あちこちあるので足の踏み場にも苦労する始末だった。臭うし。無理だな。ひどいな。  こういう行為が続くということは何を意味しているのかな?  さっこんよく言われる、たしかに、 「(他)人が苦しむのを見て快感をおぼえる」という人が増えているかなと。 ..

続きを読む

『人の営みはこころとともにあり。こころは自然とともにある』(190705)

2019/07/05 21:15
株高や異常気象と肩を組み  7月4日、欧州では英仏独の株価が年初来高値を更新し、同じ紙の一面は「異常気象世界を覆う」と見出しにあり、 「フランスで過去最高気温45.9℃を記録。ドイツ、ポーランド、チェコでも40℃近くまで上がった」という。 (彼らは、夏というよりまだ六月(六月は涼しくてもっともすごしやすい)の心地よさを楽しんでいたかもしれない)  人の営みはこころとともにあり。こころは自然とともにある。「異常気象」が経済を毀損するというけれど、異常気象..

続きを読む

『きょうの予定は内房線を南下して土地めぐりをすることだった』(190507)

2019/05/08 00:53
 新横浜から横浜へ出るのは地下鉄・バス・JRと三つあるようだ。適当にJRで行った。そこから高速バスで行くことにした。アクアラインで行けばショートカットで近くて早いだろう。  聞いたまま、SOGOの先の階段、Cの階段を上がっていくとそのバス停はあったけれど、30分に一本しかなかった。見ると、5分前に出たばかりか。床掃除のまっただなかで、機械を使うのでいつまでもうるさい。  運が悪いな。  自販機で1550円の切符を買い、ベンチでひたすら休む。  高速バス..

続きを読む

『豊橋へ帰ったけれどまるで初めてのような場面が多々あった』(181216)

2018/12/16 23:49
 朝ご飯は豊橋へ帰るといつもすき家へ行く。  納豆定食のご飯ミニにし、トッピングにとろろが二つで550円、500円の優待券を使って50円だった。この前帰ったときも同じだった気がする。  食事ははじめ機嫌よく食べ始めたけれど、途中から豊橋じゃない人(よそ者)が三人来て、大人の家族だったけれど、隣は十分開いているのに、すぐ隣に来て、しかもわたしの横のかばんにお尻をつけて食べ始めるので、とても気分が悪かった。何で向こう側が四五列も開いているのに遠慮して一列で..

続きを読む

『きょうは仕事が休みで気が緩んだかもしれない』(181130金曜)

2018/12/01 02:08
 年をとると無理は禁物である。精神力は強くなるかもしれないけれど、それがあだとなっていつしか体を酷使していることがある。先日(3日)の同窓会でも、親しかった友人がいつのまにか亡くなっていた。そのお兄さんもなくなっていた。共に良くしてもらった人たちだ。  ほかにも、 「酒はヤバイ」という友がいた。「倒れて気づいたら二日たっていて、退院になっていて、治療費を請求された」と言う。  彼は笑っていたけれど、怖い話ではなかろうか。  怖い話といえば、仏教徒はけっこう迫害..

続きを読む

もっと見る