『散歩帰りに月があり』(200402)

2020/04/03 01:23
 散歩の空。  風が強かったけれど、陽だまりにずっといると暑くて、はっきりいってばてる。朝起きてから散歩に出る前の水分摂取は少ないので、危険である。  いまは新型コロナだけれど、熱中症で死ぬ人もかなりいるので、気づいたときは急いで日陰に避難した。  帰り道、道なき道なので、 「キクラゲとかはないかな」と辺りを見ながら歩いていく。  なかなか新規開拓というのはむずかしい。 散歩終え空を仰げば月があり

続きを読む

『散歩の空』(200324)

2020/03/25 01:38
 きょうはちょっと見たら日本株が急反発していた。新聞を見ると、FRBの無制限の金融緩和と、トランプさんの二兆ドルの経済支援には驚嘆した。  先日一兆ドルの予算を議会(民主党)の反対にあって否決されたら、今度はその倍の予算を出してきたのだ。 「さすがアメリカ!」(これが通るかどうかは別として)  株価が猛反発するのもうなずけるのだった(もちろんNYの先物もめちゃくちゃに上がっていた)。  きょうの空を見て散歩に行く。 こ..

続きを読む

『キクラゲが毎日のように見つかる豊かさ』(200316)

2020/03/16 17:00
 背負った荷物を後ろに残すように、散歩に行く。  人の世界とは一線を隔する散歩道を一人ゆく幸せ。 木耳きくらげに出会う散歩は平和かな  体を少しだけ鍛えて休憩して、寒の戻りという風が吹く中、太陽に温まった体で人のいない帰り道。 寒風に雲が大きく活きており

続きを読む

『きょうは冷たい風が吹いて冬の雲になっている』(200223)

2020/02/24 01:02
 散歩に行く。  途中、道端に花を咲かせたようなキノコたち。  人を無視して、近寄って観察する。 石の花のように茸が咲いており  きょうは風が冷たくなった。  関東のほうでは、 「春一番が吹いた」と言っていたが。  これも春一番の仲間だろうか。  休憩して帰る。    聖者の乗っている雲(右下)。

続きを読む

もっと見る