『きょうは満足の日曜日だった』(180218)

2018/02/18 23:14
 散歩から帰るともう時間がないので、即風呂に入りお出かけ。きょうは白金まで行かなければならない。  きょうは御嶽山が見えている。久しぶりである。  迷ったけれど、すき家で金券(500円)を使って外食でいこうと決めた。通勤のときのように自転車を走らせた。通勤のときちちがって変な人もいなくて平穏である。  すき家に入るとお客さんはふつう、家族連れが一組もいなかった。メニューを見て予定通り、牛丼三点セット500円に、山かけ130円を選んで注文し..

続きを読む

『きょうは買い物などに大忙し』(170609)

2017/06/09 18:57
 きょうは洗濯しながら昼ごはんを食べて、別に合羽を洗い、休憩、外出お金を下ろしてトマトバナナ、青梅と酢、鰯の缶詰、いろいろ買い物、そして買ってきた青梅を酢に漬けて、ようやく午後の家事は終了。  いつもながらに琥珀色がきれいである。  急いで出かけなければ。予定はとりあえず人のいないところがあればそこで休憩だ。近所の公園が、さっき(買い物帰りに見た時)まで車が一台止まってうるさかったけれど、公園の周囲を一周してみればそれもいなくなっていたし、運よく人っ子..

続きを読む

『散歩帰りの団地の道』(170604)

2017/06/05 00:18
 散歩帰りに団地の中を通っていく。  同じ団地の中の花。  なんの変哲もないバラの花。垣根の中から伸び上がって、同じ団地の敷地から外の道路に向かって咲いている。  団地といえども敷地内の雑草もそのまま、それですき放題に園芸の花も雑草のように思い思いに咲いている。  もちろんこの辺りどこにも花壇はない。誰かが適当に種を捨てるように撒いたり、いらなくなった鉢植えを捨てるように、団地の片隅に植えたのであろう。  もしかしたらその..

続きを読む

『通勤電車で夢窓問答集を読む』(170508)

2017/05/08 12:50
 仏教、禅宗(夢窓問答集)では、 「教えがあってはじめて教外別伝を知る」とある。  すなわち教えがあってはじめて、自由への道を知るということであろう。  これは教育者の無着成恭氏のいう、 「型がないとダメ」というのと似ているのである。  夢窓禅師は別のところでこうも言っている、戒(かい)・定(じょう)・慧(え)についてである。 「学者のなかには『大乗仏教は戒を破ることも苦しくない』といって破戒をいとわない者がいるけれど、禅定ができてくればおのずと戒にし..

続きを読む

もっと見る