『晩ご飯の買い物をして帰る道(闇に気づいて帰る夜の道)』(190712)

2019/07/13 00:48
買物は輪廻の闇の人たちに 気づいて帰る夜の道かな  夜になって家で晩ご飯の準備をして、合間にこの記事を書いていると、買い物でやたらへばりつくように寄り添うように引っ付いてきた人たちが、買い物のあとには「輪廻の闇にいる人たち」と思えた人たちが、観音菩薩の慈悲のもと、いまはまるで一本のくもの糸(芥川龍之介の短編小説)一人が一本のくもの糸で救われようとする人のあとを追ってはい登って来る地獄の人たちのようにも思えた。  とすれば、こういう人たちから悪しき思い..

続きを読む

『とりあえず被害を受けずに終った朝の散歩』(190707)

2019/07/08 01:11
 休憩の空。  きょうはとりあえず人に邪魔されずに朝の散歩を終えることができた。  散歩帰りの空。  きょうはいい空といえる。  きょうはこれから朝ご飯(ブランチ)を作って食べて、蓬酒を作って、昼寝して、明日の授業用の化学のプリントに問題を付け足して、外出してすぐに体操をして体を整えちらりと気功をして、スーパーで買い物をし、持っていった缶コーヒー(ワンダモーニングショット)を飲むつもりが、サントリーの微糖というのが57円(税..

続きを読む

『日本の徳が失われて気づく人の没落』(190706)

2019/07/06 23:43
買物は地獄の人に出会うかな  宗教家やそして科学者たちが、 「人間は滅びる」とか、「この文明はいずれ破綻する」とか、 「人類は滅亡する」とか、預言、あるいは予言のように主張する。  それはきっと人間が地獄にいて、犯罪予備軍だからである。 天国は一人静かに現れり

続きを読む

『きょうは楽しいけれどさびしさが気になる』(190531)

2019/06/01 01:31
 きょう気になったのは、改めて「貧しい人が増えたな」ということだ。見ず知らずの近所の人に話しかけられその内容を振り返ったり、団地の近所の人の家に息子が帰ってきていたりする様子を垣間見たりすると、しみじみみんな「貧しくなったな」と、そう思ってしまうのだった。  ところがふとそのあと大学にいるときの自分を振り返ってみると、校舎は拡張するし「大学は未来が明るい」、学生の就職を考えれば「希望があるな」ということで仕事は楽しいのだ。貧しさなんて少なくとも今年は感じない。 ..

続きを読む

『いまはむかしなのかワンダプレジデント』(190328)

2019/03/30 01:03
 住環境が悪いことを理由に真夜中から外で休憩し、気功をした。予定どおり昼前に家に帰って歯を磨き、風呂に入り、ザめしやへ行って、遅い朝ごはんを食べた。  途中帰り道、以前から気になっていた柴田勝家のお寺が目に入り寄って行くことになった。柴田勝家の坂道を上っていく。もう寝不足で疲れているので、半分朦朧としている。  柴田勝家のお寺というのは、実は柴田勝家の生家だった。  高校教師時代、柴田勝家の子孫という中学生を家庭教師で教えていた。案外..

続きを読む

もっと見る