『頬がはれたけどいちおうふつうに散歩』(181231)

2019/01/01 00:00
 左の頬がはれているけれど、いつもどおりという感じで散歩に行く。  御嶽山が見えているので見て行く。  いつもどおりに散歩をして帰る。  空がいいので、見て行く。  人がいたけれど、そこそこ気兼ねなく空を見ることができた。  人が騒いだりして遊んでいる頭の上に広がるやすらぎ。     [追記:2019年1月3日] 「噛み締めて歯が悪くなった」と思っていたけれど、どうやら、歯茎にばい菌が入って化膿した..

続きを読む

『昼近くになった散歩』(181228)

2018/12/29 00:00
 散歩に出かける。  散歩では休憩が一番である。ラジオ体操をしてから休憩。  仕事のときは何もかもが大急ぎといったふうだけれど、いまはその反動だろうか。とにかくゆっくりで、ゆっくりにしようと心がけている面もある。  布団から起き出るときもあえてゆっくり腕を動かしたりしている。  そうしないと手足体が、 「ピュピュッ」と動いてまるで一気に飛び出してしまうのだ。  休憩して見る空はのんきな気分にふさわしい。  休憩し始めると、..

続きを読む

『朝の散歩』(181101)

2018/11/02 01:00
 久しぶりに御嶽山が見える。  朝の散歩は急ぐ。  空はイワシ雲みたいのが鮮やかに広がっている。  散歩で休憩するあたり、出てくる時の雲は真上にやってきていて、鮮やかに広がっている。  気持よくラジオ体操をした。  雲の鮮やかさは刹那の出来事。

続きを読む

もっと見る